_ 公務員の退職金の平均はいくらか?民間企業よりはかなり高い | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員の退職金の平均はいくらか?民間企業よりはかなり高い

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員の場合、退職金はどれくらい貰えるのでしょうか?民間企業ではもらえる場合ともらえない場合があります。民間企業の場合には、別に退職金は義務ではないので、払わないという姿勢をとることも可能ですが、あらかじめ支払い基準を設けている場合には、それに沿って支払う義務が生じます。給料と同じ考えになるのです。

民間企業の場合には、4分の1が退職金を支払っていません。したがって、民間企業に勤める正社員であっても、退職金をもらえないケースはそう珍しくありません。また、会社自体が潰れてしまってはどうしようもないので、最終的に退職金を無事に貰えているケースは一体どれだけあるのでしょうか?この先、さらに退職金を支給する企業、もらえる社員は減るかもしれません。

民間企業の場合、大卒で入社してくる人が多いかと思いますが、大卒の場合には1900万円ほどですね。詳しく見ると、退職理由別で退職金の金額も違いますし、ケースバイケースなところもありますが、大卒の場合にはこれだけということです。高卒になると結構下がってしまいます。では、公務員の場合にはどうなっているのでしょうか?

公務員の場合には、定年退職の場合で2300万円ほどです。やはり格差がありますね。公務員の場合には地方公務員と国家公務員でもまた違います。地方公務員の場合には、都道府県よりも、政令指定都市や中規模以下の市役所の方が退職金の金額は高いです。だいたい1200から2000万円の間くらいになります。

国家公務員の場合には、またこれもどこで働くか?にも結構よるのですが、定年退職の場合には、2200~2400万円のあたりになります。退職金の計算は、民間も公務員もいろいろなケースもあって、早期退職なども中にはありますから、一概には比較できないと思います。今回紹介したいのも一例ですから、いろいろなケースで見たい場合には、さらに詳しいデータが載っているサイトを見てみましょう。
関連記事