_ 就活の面接でAO入試、公募推薦、指定校推薦は不利なの? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活の面接でAO入試、公募推薦、指定校推薦は不利なの?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動をするときには、大学にどういう入試形態で入ったか?が重要視されている面もあります。企業によっては、どういう方法で入学したか?一般入試か?AOか?公募推薦か?指定校推薦か?というのが結構重要なのかもしれません。公務員試験ではそんなところは見られていないと思いますが、企業によっては気にするところもあるのでしょう。

どういう方法で入ってきたのか?と仕事に何らかの関係があるのか?という疑問も当然ありますけど、企業としては学歴フィルターが一応あるということを踏まえると、学歴と同時に学力そのものも気にしているのか?となります。ただ、大学3年生から4年生にかけて就職活動をしているので、仮に一般入試で入ってきたとしても、高校生の頃の受験勉強分はもう消えていると思いますよ。

それがまだ残っているのは入学後も受験科目として使ったものの勉強を継続している人だけですが、そんな人いるんですかね?英語はともかく、文系であれば国語とか日本史、世界史とかを大学の授業で一部関連する部分がある以外でやっている人はいるんですかね?大学の授業でそこを一部触れることがあったとしても、本の少しでしょうし、自ら勉強しないとすぐに忘れてしまうと思うのです。

つまり、学力を仮に重視しているとしても、大学入試のときに磨いた学力が残っている人はそんなにいないと思います。一般入試組をそんなに優遇する意味、逆にそれ以外の方法で入ってきた人たちを不利に扱う意味もよく分からないのです。大学入学後の勉強であれば、入学方法は関係ないですからね。だから、大学に入ってきた方法をわざわざ問う意味も分からないのです。

さらに言うと、これを学生に聞いたところで、本当のことを答えるでしょうか?聞かれた時点で、AOとか、推薦は不利なのかな?ということは誰にでも分かると思うのですが、そのときに機転を利かせて、嘘をつく人もいるんじゃないですかね?嘘をつくのは面接の常套手段ならば、ここで嘘をついても不思議ではないです。調べる方法が無いので、嘘か?どうかは分からないでしょうから。この質問に一体どれだけの意味があるのか?は正直怪しいと思います。
関連記事