_ 公務員試験の模試の受け方、申し込みのやり方、方法について | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の模試の受け方、申し込みのやり方、方法について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


予備校に通っている方は、それぞれの予備校で説明があると思いますし、手続きをとれば良いのですが、独学の人はその辺はよく分からないですよね。模試を受けたいが、どうやって受ければ良いのか?というのが分からないという方へ簡単に説明をすると、模試はそれぞれの予備校に行って、申し込むか、ネットから申し込みができます。

ネットから申し込みができるのはTACやLECなど大手でしょうか。というか、だいたい公務員試験の模試というと、TAC、LEC、あとは大原くらいしかないと思いますけど。ネットから申し込みをする場合には、ネットから受けたい模試を選んで必要事項を入力して申し込みます。そして、コンビニや銀行振り込みなどが対応していると思いますが、後日お金を払います。

すると、郵送かな?で受験票が送られてくると思うので、それを持って当日受ける試験会場の校舎に行きます。そして、校舎に直接行って申し込むこともできます。こっちの方が手間は多少かかりますが確実かもしれません。模試を受けたい予備校の希望の校舎に行って、模試のパンフレットが置いてあるので、それに記入して窓口でお金を払うと、受験票が貰えるはずです。

模試のパンフレットみたいなのがどこにあるのか?分からない場合には、窓口の人に聞けば教えてくれるはずです。こちらはその日のうちに全てが完結するので、より確実です。模試の料金は予備校や模試ごとに違います。安いのは1000円くらいです。高いと5000円くらいかかります。当日は、試験会場の校舎に行くと、受験番号ごとに教室が書かれていると思うので、それを見て指定された場所に行きましょう。

どの予備校の模試に申し込むか?ということもありますが、どの校舎で受けるか?ということも決めないといけません。場合によってはもう埋まっている可能性もあるので、その場合には別の校舎で受けるか?自宅受験という方法があります。模試の季節(10~3月くらいまで)になったら、各予備校のホームページをチェックして、受けたい模試があるか?をチェックして、あれば締め切りになる前に申し込んでいきましょう。

模試のシーズンがちゃんとあるので、その時期を逃さないように早めにホームページを見ておいてください。時期によっては模試はまだ受けられるが、希望の試験種の模試がもう終わってしまっているということもありますから。そういったことのないように今から定期的にチェックしていって、希望のものがあれば、そこに申し込んでいってください。
関連記事