_ アパレル業界の会社説明会や面接でカラコンはつけていい? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

アパレル業界の会社説明会や面接でカラコンはつけていい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


会社説明会に参加するときの服装や格好はだいたいテンプレ化されていると思いますが、アパレル業界の場合にはそうとも限らないのです。アパレル業界の場合には、個別に指定されることもあるそうですが、私服で来てほしいと言われることもあるみたいですし、あとは自分らしい服装で。といった曖昧な表現を使うことも多々あります。就活生からすると、非常に困る表現だと思うので、悩むと思います。

さて、服装以外でも悩むところはあると思うんですよね。それが例えばカラコンです。私服や自分らしい服装(格好)で来てほしいと言われたら、それは服装でアピールしたいという部分もあると思いますが、それ以外でも差をつけられそうな部分があれば、そこは工夫をしていきたいですね。他の人たちがあまり思いつかないような部分で。

それがカラコンになるわけですが、そもそも会社説明会とかにカラコンをつけていくことは問題ないのか?そこに疑問を持つ人もいると思います。一般的な会社説明会などでは、不適切とされているようですが、アパレルの場合は例外的、OKじゃないか?と思いますよ。というか、説明会の場では、そこまで1人1人を細かくチェックしている余裕なんかないです。

せいぜい見た目の服装を見ておくくらいだと思います。目の色がどうか?とかは見ている余裕は無いと思います。これが面接だったら話は別ですけどね。面接はじっくり1人を見られるので、当然カラコンをしていれば気づくケースも多いです。それを評価するか?しないか?は分かりません。普通の企業なら多くがマイナス評価しそうですが、アパレル業界ですからね・・・。

その面接がスーツを着てやる場合ならば、私はカラコンはつけない方が良い気がしますが、私服を指定されたり、私服でOKのような条件であるならば、カラコンは良いかもしれないですね。私服で良いような面接って言うのは、アパレル業界なら尚更だと思いますけど、それだけ見た目、服装などのセンスや表現力を見たいってことでしょうから、常識の範囲内でオシャレをするのはありじゃないですか?色は気をつけたいところですが、カラコン自体は条件次第でOKじゃないか?と思います。
関連記事