_ 「結婚後も公務員の仕事を続けますか?」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「結婚後も公務員の仕事を続けますか?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これはおそらく女性に特有の質問でしょう。民間企業では結婚後は退職する方も多いです。しかし、今は共働き世帯が片方しか働いていない世帯を上回っています。したがって、女性のうちのほとんどの人たちは結婚後も仕事をする傾向にあります。

一般的に公務員は女性に対する配慮もされていることから、結婚後も継続して働ける環境が整備されています。したがって、基本的には「続ける」方向で話せたら良いと思います。そのためには公務員の労働環境を調べた上で、そういった点が女性にとって結婚後も働ける環境なのか?という点を調べていないといけません。そこで調べたことを述べて「結婚後も仕事を続けます!」と話せれば、熱意とともに説得力も増してくるでしょう。

実際、結婚後も公務員の仕事を続ける女性は多いです。現実的にも女性が結婚後も仕事を続けやすい環境は整っているのでしょう。以前、別の記事でもお話しましたが、人事の人もせっかく採用した人がすぐ辞めてしまっては困るわけです。例えば22歳で採用して5年後の27歳に退職するという事態は人事としてもあまり好ましくない事態です。

今の世の中の流れが「女性は結婚したら退職する」というものになっている部分はありますが、それは公務員の仕事には通用しないのでしょう。したがって、「結婚したら公務員を辞める」という話をすると評価は厳しくなる可能性がありますので注意してください。
関連記事