_ 公務員試験は大学何年生のとき、何歳のときに受けるものなの? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験は大学何年生のとき、何歳のときに受けるものなの?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けるのは、一体大学何年生のときなのか?こうした疑問を持っている方もいるかもしれません。ある程度詳しくなっている人は知っていると思いますが、別に何年生のときに受けても構いません。多くは大学卒業をすることを前提としているので、大学4年生のときに採用試験を受けますが、3年生でも、2年生でも、留年していても、卒業していても受けられます。

4年生のときに受けるのが卒業と就業が直結することになるので、一般的です。ただ、3年生のときに受けると、採用時は4年生の春になりますね。どうするの?ということになりますが、中退するという選択もとれます。就職活動と違って、卒業しないと内定取り消しになるとか、そういうことは基本的にはありませんから、中退するという選択肢もあります。

ただ、多くの人は大学を卒業したいでしょう?だから、卒業のタイミングに合わせるというだけであって、中退する前提ならばもっと早くから受けることも可能です。しかし、採用試験の試験種によっては、年齢制限があるので、その範囲内に収まってないと受けられないので、若すぎると受けられないというケースも中にはあると思います。

大卒程度の試験は21か22歳に下限が設定されていると思うので、現実的には大学3年生は可能かもしれませんが、2年生受けるのは厳しい場合もあります。浪人や留年をしていると条件を満たす可能性もありますけど。理論上は、大学4年生以外のときにも受けられるということです。公務員試験は年齢制限がありますから、上限に達するともう受けられません。だから、チャンスを多く作るという意味では早くから受けておいた方が良いかもしれませんし、練習のために受けておくのも悪くないでしょう。

軽い気持ちで目指してもしかしたら受かるかもしれませんから。プレッシャーが無い分、もしかしたら受かるかもしれないです。そういしたら、改めて中退して公務員になるか?どうか考えれば良いと思います。大学を中退するのももったいないかもしれませんが、公務員になれるチャンスがあるのに、それを見逃すのももったいないかもしれません。いろいろな人生があるので、チャンスが多いほうが良いと思うので、ちょっと早めに勉強を始めて、早めに受けてみるのも良いのではないか?と思います。
関連記事