_ 公務員試験の択一試験、論文試験でマイナンバー関連の出題が増えるかも | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の択一試験、論文試験でマイナンバー関連の出題が増えるかも

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


マイナンバーについての議論が昨今、非常に多くされています。消費税増税にともなう軽減税率の話題に際して、特に最近注目されてはいますが、マイナンバー制度自体は、結構前から創設に向けて議論されており、それがいよいよ実現に向かっているという段階です。マイナンバーについて知らなかった人も、最近のニュースで知る機会も増えたでしょう。

そして、マイナンバーは公務員にとっても非常にかかわりの深い話で、多くの公務員は無縁とは言えません。実際マイナンバーを運営する側に立つ人も多いでしょうから。マイナンバーについては、導入以前からデメリット、欠点の部分、懸念材料が特に叫ばれてきました。特に個人情報については多くの国民が懸念している部分だと思います。

マイナンバーによって仕事や給料にも影響が出る可能性もありますし、本当に国民の生活ががらりと変わる可能性があるでしょう。マイナンバー制度については、以前からもそうだったかもしれませんが、いよいよ公務員試験でも狙っていかないといけない部分になりつつあります。筆記試験では時事や社会科学の分野で出題がされそうな気がします。

今までのテキストにも一応載っていたと思うのですが、今後発売されるものにも同様に記載がされるのではないでしょうか?というか、もっと詳しく、内容が充実した状態で載るかもしれません。時事対策本をやれば、筆記試験の問題は或る程度解けるかもしれませんが、論文とかで聞かれた場合には、より詳しい内容を知っていないといけません。いろいろな試験種を受けると、そのまま聞くか?はともかう、関連付けて出題してくるところもありそうなのです。

論文などで聞かれた場合には、中途半端な知識では対応できません。だからこそ、新鮮なニュースが伝えられている今のうちに結構調べておくと良いかもしれません。マイナンバーは、制度ものものについてだけではなく、それに関連していろいろな分野の出題が考えられますから、いろいろな方向について知っていた方が良いでしょう。税についてもその一例になりますが、直前にいろいろと頭に詰め込むのも大変でしょうから、丁度関心が生まれやすい時期、今後もずっとマイナンバー関連のニュースが続くかもしれませんけど、新聞、ネットなどを通じて少しでも知識を増やしていきましょう。
関連記事