_ 警察官の採用試験の面接官が採用したい人、合格する人の特徴は? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官の採用試験の面接官が採用したい人、合格する人の特徴は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の面接に受かる人というのは、どういった人でしょうか?いろいろな要素があるでしょうが、1つ絶対に存在していると思うのは、警察官を職務を全うできる人じゃないか?と思います。それはつまり、警察官という仕事を続けられる人、辞めない人という意味です。公務員に共通していると思うのは、仕事を辞めない人、そういう人を面接官は欲しがっているということなのです。

面接官が1番恐れるのは、採用した人がすぐに辞めてしまうことです。行政職の公務員でも、それがよく言われています。警察官の方が実際どちらかというと仕事は厳しいと思います。比べるのも難しいかと思いますけど。したがって、行政職の公務員の採用面接ですら、辞めない人か?どうかを見極めていようとするのであれば、警察官の採用面接でも同様の点を見られていても全く不思議ではありません。

つまり、警察官の採用面接に受かるためには、自分は警察官として職務を全うする。嫌なことがあっても、辛いことがあっても辞めない人間だということを面接官に訴えないといけないのです。それができれば、採用の可能性も上がるでしょうし、できないと、不採用という可能性が一気に高まってしまうでしょう。

警察官の場合は、警察官としての職務以前に警察学校での生活がきつくて、そこで辞めてしまう人も多くいるみたいです。だから、想像以上にきつい職業だということでしょう。きついのは分かっていると思いますけど、想像以上を想定しておいた方が良いのかもしれません。警察官は辞められてしまうと、やはり安全面、治安の面で損失が大きいですから、行政職の公務員と同様に困る自体ですよね。

辞めないことが最大の警察官への適性とも言えるのかもしれませんが、その部分は間違いなく重要だと思います。それだけが全てというわけではないです。もちろん、それ以外の警察官の適性という部分も同様に重要でしょう。ただ、長期的に雇う前提なのですから、辞めない人を採用したいという思いは間違いなくあるでしょうから、そこは突き詰めていかないと採用されないでしょうね。
関連記事