_ 警察官の採用試験では大学や高校を中退していると不利に影響する? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官の採用試験では大学や高校を中退していると不利に影響する?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の採用試験は、大卒、高卒で枠が分かれていると思います。ただ、高卒にしろ、大卒にしろ、別に一定の学歴がないと受けられないということはほぼないです。高卒の人が大卒の試験を受けても大丈夫な場合が多いと思います。ただ、問題は中退をしている人です。大学にしろ、高校にしろ、中退をしていることが合否にかかわる場合があります。

中退をしているから、受けられないわけではありませんが、経歴における中退はあまり良い印象を生みません。どっちかっていうと、ネガティブな印象ではないでしょうか?したがって、中退をしていることが多少不利になる可能性は否めないのです。不利になるか?どうかはほとんどケースバイケースで、必ずではありませんが、言うなれば面接官次第ということでしょうか?

面接試験は当然経歴もチェックされるでしょう。これは警察官だけではなく、民間企業でも市役所勤務の公務員でも同様でしょう。仕事を始めるときには、どこを受けても過去の経歴や学歴をチェックされると思います。バイト程度ならば、中退は大したイメージダウンにはなりませんが、正社員を採用する場では大きく関係してくることがあります。

そして、警察官採用は、かなり人物重視で、相当信用が置けるか?どうかのチェックをするはずですね。身辺調査とかも徹底してやりますから。そうなると、大学や高校を中退していることが、信用を落とすと客観的に言えるのか?どうかはともかく、イメージとしてよくないという事実があるならば、それを信用に欠けるという理由にされてしまうこともないとは言えないでしょう。

これは考え方次第なんですよね。元を辿れば、警察官の採用試験に筆記試験なかいるのか?国語算数理科社会なんているのか?という問題もあるでしょう。筆記試験はほとんど足きりに近いと思うので、仕方ない面もあります。そして、面接試験だって、選ぶのは大変ですから、学歴的に瑕がある人を不利にして何が悪い?と言われたら、どうしようもないです。だって、面接官にある悌夫の裁量があるわけですからね。っていうか、何を理由に落としても、全員が納得する理由なんかないですよ。

例えば、全然まともに喋れない人を不合格したら、面接なんて緊張する場なんだから、上手く喋れなくて当たり前だ!と反論されるかもしれない。その反論自体の是非はともかく、全員が納得してくれる不採用理由はほぼ存在しないでしょう。そうなると、結局何かを理由にして落とさないといけないので、そこで面接官の裁量になってしまい、そのときの面接官によっては、大学や高校を中退していることが特に引っかかってそれだけで不採用になるとは言えないものの、1つ評価を下げる原因になるかもしれません。
関連記事