_ 「どうして地元ではなくて、○○を受験したのですか?」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「どうして地元ではなくて、○○を受験したのですか?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


非常に嫌な質問ですね。これはその自治体を受験している場合、していない場合両方聞かれる可能性があります。私はこんな質問をする意味があるのか?と思うんですけどね。地元を受けるのが当たり前みたいな考えは明らかな偏見な気がします。ただ、聞かれたからには答えないといけません。ではどうやって答えるか?それがポイントです。

こういう場合は、要するにその自治体の志望動機を答えれば良いような気がします。地元を受けない理由を述べるのではなく、○○を受けた理由をアピールしていきましょう!つですから、地元をマイナス視するような発言は避けた方が良いと思います。例えば、「地元は環境に配慮が足りなくて、ゴミがそこらじゅうに広がっているのが嫌なので」といった発言はやめた方が良いでしょう。

その逆を意識した方が良いと思います。要するに、志望動機を語るように「地元がダメだからではなく、○○が素晴らしいからこっちに惹かれた」のような話をするのです。先ほどの例を挙げると、「○○は環境に対する配慮が素晴らしく、ゴミがどこにも落ちていません。だから私は○○を志望しました!」のような内容です。

これの方が積極性も見えますし、同時にその受験している○○という自治体に対する志望度、熱意も表すことができます!話し方次第で印象は結構変わるものですから、面接で今回のような質問を聞かれたら、志望自治体の良いところに惹かれたから。今回のような回答をするようにしましょう!
関連記事