_ 警察官の体力テストの重要度や基準はそれほど高くない? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官の体力テストの重要度や基準はそれほど高くない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官になるときには採用試験の一環として体力測定があります。この体力測定は、何だか凄い厳しそうという印象かもしれませんが、実態はそうでもないみたいです。どこを受けるか?にもよると思いますけど、基準を公開している警察署もあります。体力測定で行う種目と合格基準というか目安ですね。警察署によっては、結構きつそうな基準のところもあります。

ただ、その場合でも与えられた種目全部の基準をクリアする必要はないみたいで、そのうちのいくつかをクリアすれば良いみたいなところもあります。後、実際に警察官の体力テストを受けた人の中には、あまり、その重要度を感じなかったという人もいて、体力テストはとりあえず人並みくらいあれば良いのではないか?と考えている人もいました。

体力テストが重要じゃないことはないと思いますけど、少なくとも人並み以上の体力や運動能力があれば、問題ないとして扱われる可能性もあります。あまり基準を上げすぎてしまうと、クリアできる人が少なすぎて、人数が足りなくなってしまう可能性もあるのではないでしょうか?体力テストに心配な人というのは、運動の経験がほとんどない人くらいではないでしょうか?

過去に部活動で運動部に入っていた人とか、日常的に運動をしてきた人であれば、体力テストで落ちることはそんなに新派しなくても良いと思います。警察官の体力テストは、だいたい種目が決まっているので、日頃から対策も兼ねて練習をしていくと良いでしょう。腹筋、腕立て伏せなんかは家の中でもできますし、あと握力も器具があればできますね。

あまり自信がないという方も、時間があれば対策次第では十分本番までに上がっていくと思います。基準自体もそんなに厳しいところは多くないと思うので、運動に自信がないという方でも案外いける人もいると思います。あと、得意なもの、苦手なものがそれぞれあると思うので、得意なもので数値を伸ばして、苦手なものは少しでも基準に近づける。基準を下回っても多分大丈夫です。実施する種目の数にもよりますが、全部クリアしないといけないところも少ないと思うので。詳しく知りたい方は、いくつかの警察署の採用試験の体力テストについて調べると、恐らく種目と簡単な基準が出てくると思います。それを見てみましょう。
関連記事