_ 警察官の面接は圧迫面接になりやすいが、合格するコツや秘訣は? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官の面接は圧迫面接になりやすいが、合格するコツや秘訣は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の面接では、圧迫面接になることも多いとされています。それは警察官という職業が、それだけストレス耐性が必要な職業だからということも言えるのではないでしょうか?実際、警察官は心理的なストレス、肉体的なストレスともにのしかかってくるでしょう。激務になることも多いですし、精神的に疲弊する仕事、命を懸ける仕事もありますからね。本当に大変です。

そして、犯罪と向き合う仕事で、犯人と対峙したり、話したり、いろいろな場面が想定されますが、相手は理屈が通じづらく、普通の人間とはちょっと違う人を相手に話すわけですから、当然普通の会話のようにはいきません。理不尽な目に遭うこともあるでしょうし、思い通りにいかないこともあるでしょう。そういうのが日常だということです。

大変ストレスというか、心理的な負担が重くのしかかりやすい仕事であることは間違いないので、それに耐えられる人間か?どうかを面接の時点で確かめるのでしょう。警察官の圧迫面接が、いわゆる圧迫面接と同様なのか?どうかはちょっと分かりません。面接官にもよるでしょうし。ただ、1つ重要なのは、とにかく冷静さを失わないことです。

もちろん、面接官相手に歯向かう人はいないと思うのですが、いろいろな部分で冷静でいられているか?を面接官は見ているわけですよね。一見、心を乱されていないように見えても、目線がぶれているとか、そういう仕草があると動揺しているのか?と恩割れるかもしれません。目線については基本的なことですし、面接官も気付きやすい部分ですから、特に注意して臨まないといけません。

それ以外にも動揺しているか?どうかを見極めるポイントはいくつかあると思います。そういった点を面接対策や模擬面接のときに訓練していくというか、受かるための対策を、圧迫面接の対策をしていきましょう。予備校に通っていると、そういった面接対策はかなりレベルの高いものが受けられるかと思いますけど、独学だと模擬面接もそうですし、圧迫面接の練習はなかなかできないかもしれません。そういうところでも差が生まれやすいのです。警察官になるためには圧迫面接を平然とこなして、ちゃんと対策してきたとおりに受け答えをするというのが大切なんでしょう。
関連記事