_ 内定のお礼状のメールや手紙の宛名は誰宛にすべき? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

内定のお礼状のメールや手紙の宛名は誰宛にすべき?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


内定を貰って、それに対するお礼状を書く場合もあると思いますが、その際の宛名はどうすれば良いのか?迷うかもしれません。宛名を指定しないと、誰に届くのか?ワカラナイというのもあるかもしれませんが、この内定を出すのにかかわった人たち全てに対してお礼を言うのが良いと思うので、特定の誰かにしない方が良いような気もします。

つまり、「人事部」など、ある程度まとめてしまっても良いのではないか?むしろ、特定の誰か、社長とか、そういう書き方じゃない方が良いのではないか?と思います。これに関しては誰宛にしないといけないとか、ルールはありませんし、マナーが存在するとも言いがたい状況です。だからこそ、ケースバイケースで良いと思いますが、人事部の人間は多くが、採用活動にかかわっているでしょうからね。

あとは内定通知書が送られてくると思いますが、そこに書かれている名前を書いても良いかもしれませんね。これもしっくりくると思います。内定通知書は、多くの場合、内定を出すに当たっての責任者の名前ではないか?と思うので、社長宛にするよりは、まだ自然ではないでしょうか?迷った場合の参考になればと思います。

誰の名前を書いても、明らかに不自然な状況にはならないでしょう。だって、就活生が知ることが出来る会社の人の名前なんて限界がありますから、採用活動を通してしか知ることはほぼ不可能でしょう。そうなると、その中で知った名前は採用活動にかかあった人だということになると思います。だから、自分が知っている名前を書けば、社長であっても明らかな不自然さにはならないと思います。

宛名は大切な部分ですが、誰を書いたから正解とは言えないと思います。明らかな間違いはあっても、明らかな正解もないです。公務員試験の場合は、もっと悩むでしょうね。人事部とかない可能性もあるので。内定通知書の名前か?まとめて人事部とするのが、私は自然のように思います。内定を貰ったことに対するお礼状、メールでも、手紙でも良いと思いますから、気をつけてかいてください。
関連記事