_ 公務員のボーナスの夏と冬の支給時期は?いつ貰えるのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員のボーナスの夏と冬の支給時期は?いつ貰えるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員のボーナスというのはいつ頃貰えるのでしょうか?国家公務員と地方公務員で微妙に日にちは違うのですが、どちらも6月と12月に貰えます。年に2回支給ですね。金額は人によって違うのですが、民間とは違い、ボーナスカットというのは、現状考えづらいです。毎月の給料も安定していますが、ボーナスも安定していると言って良いのではないでしょうか?

公務員が何でボーナス貰えるの?と疑問を持っている人もいるかもしれません。ボーナスは、考え方は人によって違うかもしれませんけど、本来は民間企業であれば、売り上げが上がった分、業績が上がった分を社員全員で分配するといった意味合いもあるでしょう。だから、経営が苦しい場合には、当然ボーナスどころの話ではないのです。

じゃあ、公務員の場合はどうなのか?公務員は売り上げみたいな指標はありません。だから、ボーナスのような考え方はしづらいのです。ただ、売り上げには表れないが、何かしらの実績や貢献をしてきたと思うのですね。要は、任された仕事を遂行した分が普段の給料になり、その遂行した仕事が何らかの成果を生み出した、住民に貢献したという分をまとめて払うのがボーナスではないでしょうか?

数値で表すのは難しいものの、そういう目に見えない、捉えづらい貢献や成果は間違いなくあるでしょう。だから、ボーナスの考え方に則るならば、公務員もボーナスを貰えて良いのでは?と思います。公務員の場合は、普段の給料もそこそこ貰えているケースが多く、高給取りの職業みたいな感じで世間的には扱われつつあるかもしれません。ただ、仕事自体は大変です。

民間も大変でしょうけど、公務員の給料が相対的に高いのは間違いないが、これが普通くらいであってほしいです。民間企業の平均給与はどんどん下がり続けていき、今後300万円台までいくんじゃないか?と言われていますから、こちらの方がむしろ以上なんじゃないか?と思います。世の中の多くの人は、収入に悩み、生活が苦しいでしょうから、これをなんとか立て直すのが公務員の仕事であり、国の役割だと思うんですけどね。公務員の方々、政治家の方々には本当になんとかしてほしいですよ。
関連記事