_ 公務員試験から民間の就活に切り替えるのは無謀か? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験から民間の就活に切り替えるのは無謀か?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の勉強をしていたが、民間企業に切り替えることは可能なのか?気になっている方もいるかもしれません。それは公務員試験の勉強をずっとしてきたが、ちょっと間に合いそうにないとか、公務員試験を受けてはいるが、どこも受からないから、民間企業の就職活動に切り替えようか?とか、そういう事情があるのではないでしょうか?

公務員試験の勉強をしていたが間に合いそうにないケースの場合は、遅くても4月から5月頃に切り替えるわけですよね。ということは、民間の就職活動も本格的に始まってそんなに経っていないので切り替えは可能だとは思います。ただ、ずっと公務員試験のことしか考えていなかったとすれば、具体的に民間の就職活動をどうやってやっていくのか?理解するのに時間がかかるかもしれません。

そして、公務員試験を受けてきたが、どこにも受からないから民間企業に切り替えようか?という方もいるでしょう。この場合は、どれくらいの時期になるのでしょうか?早くて9月くらいなんでしょうかね?そうなると、民間の就職活動は丁度中盤戦という感じでしょうか?まだ間に合わないこともないですが、出遅れは必至でしょう。

また、民間に完全に切り替えると翌年の公務員試験は受けない。完全に今年民間で内定を取りに行くということになりますよね。民間の就職活動をしながら、公務員試験の勉強を引き続き続けていくというのは、結構難しいですからね。両立するのは無理ではないですが、完全に民間に切り替えるつもりならば、公務員試験の勉強をしている余裕はそんなにないのではないでしょうか?

切り替えるということは、公務員試験の道を諦めるに近い選択でもあるので、結構リスクはあります。切り替えるのが無理というわけではないでしょう。ただ、切り替えたからと言って良い結果が出るとは限らないので、底は何とも言えません。ただ、切り替えるのはせめて9月くらいまでならば、間違いではないと思うので、後は民間と公務員試験を続けるのでは、どちらがより可能性があるか?比較してみましょう。
関連記事