_ 国民年金の保険料を払ってない、未納だと公務員試験に影響する? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国民年金の保険料を払ってない、未納だと公務員試験に影響する?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国民年金を払っていないからそれが合否に影響するのか?と不安という方もいるようですが、基本的には心配ないのでは?と思います。大学生であれば、学生期間中は保険料の納付免除の申請をしていると思うので、問題ないと思います。既卒の方などは払っていない人、払えない人がいるかと思いますが、そもそも調べられないでしょう。年金を管轄しているの機関と自治体は独立した機関なので、そう簡単に個人情報を入手できるとは思えません。

調べようとしても調べられないでしょうし、そもそも調べないのではないでしょうか?年金保険料の納付は、建前上は国民の義務なので、それを果たしていないのは、公務員として不適格という意見もあるようですが、これを言い出したらキリがないでしょう。公務員に不適格な要素を誰も持っていないか?と言うとそんなことはないでしょうからね。

だいたい、年金保険料の未納の理由も、だいたいは払えないパターンが多いと思うのです。それは社会人は強制徴収なので、払わないわけにはいかないですが、公務員試験を目指しているような人は、学生を除けばフリーターや無職の人たちが多いため、収入が圧倒的に少ないです。公務員試験の勉強があれば、当然バイトをしていても働く時間は限られる。

すると収入面からいって、払っている余裕がないというのも頷けなくはない。そうなると、公務員試験の受験生で未納の人がいても悪質とは言いがたいのです。その程度で、公務員に不適格を言われるならば、じゃあ他の要素で不適格な人も排除してくれないと納得しない人もいそうです。要は判明していない事実で、公務員に不適格な要素なんて誰もが少なからず持っているはず。

年金保険料の未納問題もそのうちの1つでしかないと思う。実際、払えないで払っていない人はそんなに悪質とは思えないので、その程度の瑕疵は誰もが持っているのでは?と思います。だから、あえて不利にする必要もないと思いますし、採用権者も調べたり聞いたりはしないと思います。年金保険料を払っていなくてもまず不利にはならないと思います。
関連記事