_ 国立大学法人の職員は大規模な転勤はあるのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国立大学法人の職員は大規模な転勤はあるのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国立大学法人に採用されると、転勤があるのか?という質問がありますが、転勤自体はありえます。それもどこに行くか?は分かりません。国立大学法人の場合は、採用される大学や研究機関の範囲で転勤があります。だから、その採用された大学や研究機関の管轄内であれば異動があると思います。その範囲は無限です。

近場という場合もあれば、凄い遠い場合もあり、転勤も結構大変です。全国に関連施設などがある場合には、いろいろなところに転勤の可能性があります。最高では海外という可能性もあるかもしれませんから、気をつけた方が良いというか、知っておいた方が良いでしょう。転勤は誰もが悩む可能性があるので、是非調べておきましょう。

関東地区とか、そういう区分で採用されるわけですが、転勤はその範囲内に収まるとは限らないのです。だから、本当にその時々によって、どこに転勤になるか?分かりません。転勤自体は長く勤めていたら避けられないと思いますから、どこになるか?は分かりませんが、転勤は避けられないと思って受けた方が良いでしょう。公務員も結構転勤が多いですからね。

近場の転勤ならまだ良いですよね。同じ県内とか、隣の県くらいならば、あまり転勤って感じもしないですけど、国立大学法人の場合は割と大規模というか、移動距離の大きい転勤の可能性があるので、それは知っておいた方が良いでしょう。転勤は誰もが避けたいですよね。民間企業だと結構転勤は可能か?みたいなことを聞かれることもありますが、公務員でも比較的転勤が多いところは聞かれると思います。

地方公務員は、あまりそういう転勤はないかもしれませんが、国家公務員と国立大学法人など、特殊な働き方をしているような人は転勤は付き物なのかもしれないです。転勤だと、知らない地で生活や仕事をしないといけなかったり、知らない人と仕事をしないといけなかったりするので、大変だとは思います。だからみんな嫌なんですよね。新入社員の気持ちでしょうから。だた、国立大学の職員の場合はそれは受け入れていくしかないのでしょう。
関連記事