_ 警察官に受かるには予備校に通わないと無理?絶対に必要? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官に受かるには予備校に通わないと無理?絶対に必要?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中でも、警察官を目指している方は予備校などに通わないと無理なのでしょうか?予備校に通っている人はたくさんいますが、通わないと無理ということはありません。ただ、警察官の場合は、筆記試験の問題集や参考書がそんなに多くありません。だから、市販のもので対策が万全にできるか?は分かりません。ただ、行政職の一般的な市役所などに勤務する公務員のための筆記試験の参考書などでも代用できなくはないですから、なんとかならないこともないでしょうけど。

ただ、問題は二次試験です。筆記試験はなんとかならないことはないですが、面接はきついでしょう。面接は、当然自力で面接対策をする人と予備校できちんと講義を受けて、かつ模擬面接をしている人と比べたら、かなり差が出ているはずです。独学の人と予備校に通う人の差が生まれやすいのはここです。つまり、よほど面接に自信のある方は良いかもしれませんが、そうじゃない方、自分でも面接が苦手だと思っている方は、予備校に通った方が良いかもしれません。

予備校も実は今すごい便利なんです。というのも、オンラインで授業が受けられるスタイルが人気なんです。大手の警察官向けの口座を開いている予備校も、教室で講義をする形に加えて、ネットからの授業配信に力を入れていますから。例えば「」はそのネット配信による映像講義に特に長けている予備校で、基本的に筆記試験や面接試験の講義は、パソコンやスマートフォンからのネットで行い、それを視聴する形になります。

だから、基本的には予備校の校舎には行きません。あらかじめ収録した講義をネットから観るだけでOKなんです。これによって非常に大きなメリットがあります。それは現役の大学生や社会人、フリーターの人は、勉強と仕事という本業を抱えているので、予備校に通って授業を受ける形だと、どうしても出られないケースが多く出てくることが予想されます。でも、ネット配信の場合は、すでに存在している動画を見るだけですから、そもそも予備校に通う必要がありません。

自宅からパソコンやスマホから見られます。自宅じゃなくてもOKですね。ネットがつながればどこでも良いです。さらにいつ見るか?もあなたの自由です。通常は日にちや時間帯は予備校に合わせないといけませんが、ネット配信ならば、都合のいいとき、都合のいい時間帯を選んで視聴できますから、本業の合間に、本業のない時間に、自分で好きなタイミングで、好きなように授業が見られるのです。これによって、授業を見過ごしたとか、一部見られなかったとか、そういう損失がなくなります。だから、学生や社会人、フリーターにとっては、オンラインの映像講義は相当メリットあります。

また、教室で受ける講義って、1回聞いたら終わりですよね。ただ、映像の場合は巻き戻しができるわけですよ。つまり、Youtubeで動画を見ているときと変わらないわけです。聞き逃したところ、1回聞いただけじゃ分からないところは巻き戻して、何回でも見られます。そして、どうでもいいようなところは飛ばして、早送りもできますから、より理解が深まりやすいというのはありますよね。大手の予備校もそういうところに気付いて、徐々にネット配信による映像講義の充実させようとしています。

ただ、この資格スクエアは、その映像配信に特化して専門の予備校です。ちなみに論文の添削や面接カードの添削、模擬面接も含まれていますから、そういったサービスもちゃんと受けられます。そして、費用が安いです。1年間利用しても12万円ほどです。2倍くらいかかっても不思議じゃないですからね。この資格スクエアについて、または警察官コースについて、より詳しい内容を知りたい方、興味を持ってきた方は、ホームページをご覧になるか?資料請求が無料でできますから、資料を取り寄せると、ちゃんと資格スクエアの警察官講座に特化した詳しい情報が載っていますし、それはホームページよりも全然詳しいはずですから、最良の予備校選択をするために、資格スクエアをこれから通うかもしれない予備校の候補の1つとして、無料ですぐに送ってくれますから、気軽に取り寄せてみると良いかもしれませんね。
関連記事