_ 働きながらの社会人で警察や消防のためのオススメ予備校 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

働きながらの社会人で警察や消防のためのオススメ予備校

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


行政系の公務員ではなく、公安系の公務員を目指している人もいますよね。警察や消防などです。そういった方々がそれらの職に就くのは大変です。一般的には、予備校に通ったりして、勉強をして合格を目指すという方が多いです。警察や消防は、行政職の公務員と比べて、市販されている参考書や問題集の数が多くない印象ですから、予備校に通う人が必然的に増えるというのは自然だと思います。

警察も消防も筆記試験がありますし、面接試験もあります。それらを対策していくのは予備校に通うのが1番手っ取り早いといえるのではないでしょうか?特に働きながら目指している人もいます。社会人として警察官や消防士を目指すというのは、簡単ではありません。ましてや予備校に通う時間的余裕もあまりないでしょう。その中で彼らが合格するために考えるべきことが1つあります。それは働きながらでも通える予備校を探すということです。

予備校通わなくても合格できないことはないですけど、通った方が確率は上がりそうですね。ただ、働きながらだと、仕事に時間をとられてしまい、通っている余裕がないという実情もあります。その中で、予備校で勉強するためには、オンラインの予備校がオススメです。オンラインというのは、WEBから授業を受けるということです。ネットから授業を受けると、どうして社会人に向いているのか?というと、それは時間と場所の制約を受けないからです。

通常、予備校に通うと、予備校が作った授業スケジュール(何曜日の何日にどこで授業をやるか?)に沿って行なわれるため、どうしても仕事をしていると、都合が合わなくて通えない授業がどんどん出てきてしまうと思います。ただ、ネットからの授業だと、あらかじめ収録された動画をWEB配信して、それを視聴するので、場所はパソコンやスマートフォンが使えるならどこでも構わないですし、時間もそれぞれの見たいときに自由に視聴すればOKなのです。

こういう便利なところがあるからこそ、働きながらの人はオンラインの予備校が合っているのです。こういった予備校の代表としては「」が挙げられます。ここは今言ったような動画による授業を行なってリおり、早送りや巻き戻しも自由にできますから、関係ないところを飛ばしたり、ちょっと分かりづらかったところをもう1度聞いたりもできます。そういったメリットは、オンラインの授業だからこそできることですよね。

そして、この資格スクエアでは、料金が非常に安いというのも魅力です。通常、予備校に通うと、1年間で20万、30万円くらいはかかるでしょう。ただ、資格スクエアでは、年間12万円です。1ヶ月1万円で動画見放題です。授業は択一試験(教養試験)の授業、論文や面接試験の授業の動画が含まれており、論文の添削、面接カードの添削、模擬面接の実施などもサービスに含まれているので、安心です。最終合格までトータルで面倒を見てくれます。

この資格スクエアについての特徴をざーっと書いてみましたが、資格スクエアについてより詳しい内容を知りたい方、警察官や消防士コースのもっと詳しい内容を知りたい方などは、ホームページにアクセスしてみても良いと思いますし、ホームページからは無料で警察、消防コースの資料請求ができますから、それを取り寄せると、ホームページにも載っていないような、より詳しい情報、より魅力的な部分が理解できると思いますから、良かったら参考にしてみてください。
関連記事