_ いじめ問題は素人の教師ではなく、プロである警察や探偵に任せたら? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

いじめ問題は素人の教師ではなく、プロである警察や探偵に任せたら?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


学校でのいじめ問題というのは、本当に後が絶たないのですが、この問題はもう学校に任せていても無理でしょうと思います。そもそも学校の中で起きたから、まは学校に通っている児童や生徒が起こしたいじめだから、それを学校の先生や学校に解決させるのが無理があると思うのです。いじめ問題について、学校の先生は素人でしょう。あなた方と多分変わらないと思います。

彼らは教育全般については一応職務とされているのだろうけど、彼らの専門領域はあくまでも勉強を教えるという点です。それ以外の部分についていえば、親と変わらないのではないか?と思います。親が解決不可能ならば教師にも無理だろうと思います。実際、中学校の教師とかであれば、彼らは日常的に忙しすぎる。教職員全般の時間外労働が月に72時間あるらしい。「休みがない…学校の先生の過酷すぎる現状」によると。

あと、学校での仕事じゃなくて、家に持ち帰っての仕事が月に22時間、そして問題なのは部活動です。これを入れると、月の時間外労働は合計114時間になるらしい。勤務日数が月20日強だとして、1日あたり5時間近く時間外労働をしていることになる。さらに親の対応や生活指導、家庭訪問など、本当に学校を取り巻く業務があまりに多い。そんな中で、いじめ問題を教師に託するのは無理があるでしょう。

彼らはもうへとへとです。中学校時代を思い出してみても、当時は8時半まで行かなければならなかったが、教師はそんな遅い時簡易きてはいけない。民間企業ならば、8時半くらいは普通に多いと思うが、生徒よりも遅く学校にくる先生はいない。彼らは7時くらいにはもう来ているらしい。すると、家を出るの何時でしょうか?私たちみたいに家の近所に学校があるという状況ではない。電車にしろ、車にしろ、1時間くらいは見積もるとすると、遅くても6時には出ないといけない。すると、朝起きるのは何時でしょうか?5時とかになるのでしょうか?

あまりに多い時間外労働を経て、次の日こんなに朝早く起きないといけないとなれば、本当に今思うと、教師は本当にきつい生活ですね。そんな彼らにいじめ問題という誰もがあまりかかわりたくないと思ってしまう問題を押し付けることは、私は適切とは思えないのです。先ほど言ったように彼らは素人なんです。部活動の顧問についても同様で、これも素人であるケースも少なくないと思います。

学校の先生は実は、教員免許をとる段階で習ってこなかった部分、専門外の部分について、実際に働き始めたら多く任されてしまうのだと思います。いじめが起きたら教師は叩かれることは多いが、いじめ問題に気を配っている余裕もなければ、一素人に言ってどうするのか?という思いもあります。いじめ問題は警察や探偵に任せてほしいと思う。そっちの方が教師、いじめられている生徒や児童双方にとって良い結果をもたらしてくれるのでは?と思います。探偵に依頼するケースはちょいちょい増えているみたいですけどね。本来ならば、部活動の顧問とかも、もっと詳しい人を雇ったらどうなのよ?と思います。教師に兼任させないで。
関連記事