_ 公務員試験の論文を書くときのベストな書き出し、始め方は? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の論文を書くときのベストな書き出し、始め方は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の論文を書くときには、どうやって書き始めれば良いのか?その書き出しがちょっと分からないという方もいるみたいですね。別に書き出しは、小説を書くわけではないので、上手い表現などを使っていく必要は無いと思いますし、そこまで気を配らないといけない部分ではないともいますが、個人的にしっくりくるのは、問題の深刻さを煽る表現が良いのかな?と思います。

どういうことか?というと、例えば「少子化」がテーマならば、少子化が進んでいる現代日本に起きている、またはこれから起きる可能性のある現象や問題を出して、「少子化が今の日本では問題となっており、それが今後進んでいくと、〇〇や〇〇といったことが起きることが予想され、社会に対する影響は非常に大きいと考えられます」といった感じですね。

論文のテーマになっているものが今どれだけ深刻さを極めているのか?そして、それが改善されないと、今後どうなっていくのか?それをどこまで詳しく書かなくて良いと思います。触りの部分ですから、概略だけ書いておけば良いのです。「だからこそなんとかしないといけないよね」と、その後につながっていくような内容を書き出しで書ければ、スムーズにいくのではないか?と思います。

書き出しから序盤にかけては、序論の部分なので、今実際に起きている問題や今後起きる可能性のある問題について触れたり、それが起きている、起きる可能性がある背景や原因について述べる箇所でしょう。そうなると、書き出しの部分については、論文で実際に出たテーマが本当に深刻で、すぐに対応策を考えないといけないんですよ?と再確認させるような内容にしていけば良いのではないか?と思います。

別にこれは一例なので、こういった書き出しじゃないといけないわけではありません。これ以外にも別に良い書き出しがあると思うので、自分で納得したもの、自然だなと感じた書き方をしていってください。私は今回紹介した書き出しが特に自然に感じるので。論文は構成の仕方や表現方法も一応評価対象にはなると思いますけど、大切なのは中身ですから、そこを1番に考えて対策をして、本番では書いていってほしいと思います。
関連記事