_ 公務員試験の面接の雰囲気や空気は合否とそこまで関係ない? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接の雰囲気や空気は合否とそこまで関係ない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接は大半は和やかだと思います。和やかだと受かった!っていう気になるかもしれませんが、それはあまり関係ないかもしれないですね。和やかじゃない面接っていうのは、意図的に圧迫面接など、厳しくしているってことですよね。つまり、意図的に厳しくしないということは、通常は自然にやれば和やかになるということで、受かる、受からないと和やかか?どうかはあまり関係ないと思います。

私の予想では8割以上は和やかな空気の中、面接は進んでいくと思います。だから、8割の人たちが全員合格するとは思えないので、和やかかどうかは面接官の性格によるものじゃないか?と思うのです。だいたい、普通は面接が終わって最終的な結果を話し合ったりすると思うんです。面接官同士で。そうなると、面接中の空気というのは、最終結果に直接の関係はないだろうと思います。

圧迫面接をするか?しないかは面接官の性格次第だと思うんですよね。あと、面接官の性格が元々きつくて、圧迫するつもりもないのに、厳しい感じになっている場合もあります。受験生からしてみれば、面接官の口調や雰囲気によって、合否に関係あるのかな?とか、厳しいとダメなのかな?と思うかもしれませんが、そこは面接官自身の違いも関係あると思うのです。

実際、厳しい空気の面接でも受かった人はいるはずです。全くいないということはありえないでしょう。面接官の真意は分かりませんし、結果が出てみないと分かりません。だから、面接が終わって、ちょっと厳しかったとか、そんな感じがしても、まだ残っている面接に引きずってはいけないので、気にしない方が良いと思います。

追求が多くて厳しく感じた場合については、これはそれだけ興味を持っているということでしょうから、プラスに捉えて良いのではないでしょうか?だからといって受かりやすいとも言い切れません。あなたの答え方次第なので。和やかだからと言って、追求があまりない場合には逆に興味ないんじゃ?ということもあるかもしれません。面接の雰囲気では、合否はなかなか予想できないというのは言っておきたいと思います。
関連記事