_ 公務員試験の面接のネタや話題で、高校時代以前のエピソードはあり? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接のネタや話題で、高校時代以前のエピソードはあり?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で面接カードに記入する話題を探すときに、たいていは大学生の話を探しますよね。現役の大学生であれば尚更です。これはもう暗黙の了解に近いものかもしれませんが、基本的に面接で使うエピソードは大学時代の話にするというルールみたいなものがあります。これは予備校の先生とか、受験生を指導する側が作ったルールともいえます。

少なくとも、採用側が特別指定しているケースはないです。「これまでの人生」とか、「今まで」とか、そういう文言が使われているので、それを素直に読んだら、別に大学生時代の話じゃなくても良いとなります。ただ、より最近に近いほうが望ましいというのはあるでしょうね。いつでも良いとなれば、小学生の頃でも良いのか?と、極端な話、そういう例もあるかもしれませんから。

ただ、じゃあ例えば高校時代の話を書くのはダメなのか?というと、一般的には推奨されていないでしょう。推奨していないのは誰か?というと、当然採用側ではありません。予備校とか、受験生を応援する側です。これは採用する側が割と最近の話を聞きたいだろうと推測しているからこそ生まれる発言です。昔よりは最近の方が良いというのは頷けますね。だから、そりゃ高校時代よりは大学時代の方が望ましいとは言えますが、ダメとは言えないと思います。

つまり、人によっては大学時代に何もやってないとか、高校時代の方が充実していたから、そっちの方が話すネタがあるという場合、高校時代の話を選びたいというのはごく自然な気持ちでしょう。ただ、上記で説明したように、大学時代がベストだから、高校時代の話はあまり選ぶべきではない。それは分かります。高校時代の話を持ってくることは、少なくとも嘘ではないわけで、捏造でもないのです。

面接において、志望動機など、いろいろな質問で嘘をつく人、気持ちを偽って話をする人は多くいると思うのですが、それと比べたら私は全然ましだと想います。実際、全ての質問に本音で答えろとは予備校も言わないでしょう。そんなことをしたら落ちますからね。だから、嘘までいくか?はともかく「盛る」作業自体は多分否定しないと思うのです。その盛る行為と大して変わらないと思います。

盛る行為は誇張するわけですから、半分嘘みたいなものだと思うんです。でも、そういった行為は多分多くがやりますよね。ほとんど嘘に近い、思ってもいないようなことを言う人もいます。それと比べたら、言っていることが真実ならば、高校時代のエピソードを持ってくることは何ら差し支えない。これがダメというならば、当然誇張や嘘もダメだろうと。だから、私は盛ることや誇張がある程度の範囲で認められるならば、大学時代以外のエピソードを選ぶのもありだと想います。
関連記事