_ 国家総合職の人事院面接や官庁訪問の選考順番は成績順? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国家総合職の人事院面接や官庁訪問の選考順番は成績順?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職は一次試験から合格発表まで物凄く早いですね。したがって、これからいよいよ二次試験の面接対策や官庁訪問の対策をしていかないといけないわけですが、その前に専門記述や政策論文の試験もあるため、こちらの対策もしていかないといけないでしょう。それもしながら面接や官庁訪問対策もしないといけませんし、他の試験種の対策もあります。

当分は公務員試験漬けの生活になってしまうでしょう。そして、二次試験は7月になるようですが、そのときには面接に呼ばれる順番が気になっている方もいるようです。呼ばれる順番は勿論違いますし、それが評価順というか、成績順になっているのでは?という噂もあるみたいです。ただ、確実なことはいえないものの、あまり深く考えてもしょうがないです。

それは覆しようが無い事実ですから、本当に成績順とかだったりしても、それは覆しようがないです。それを本人が感じるか?否か?の問題でしかないので、それは気にせずに二次試験を頑張るしかないです。国家総合職に受かりたい人であれば、一次試験の成績にかかわらず、一次通っていれば二次試験は受けるでしょう。一次試験の成績もかなり最終合格には影響しますけど、日程が他とかぶらない限りは受ける人が多いと思います。

そうなると、どっちにしろ全力を尽くすだけですから、二次を受けないという選択肢があるならば、面接の順番等によって、優先度を変える。つまり、一次試験の成績があまりよくないのかな?と思ったら、最終合格可能性が低いので、面接が被った別の方を受けるという考え方もできなくはないです。ただ、これ自体が噂のレベルなので、信じるか?どうかの問題もあります。

したがって、私は順番は全くランダムとは思いませんが、何らかの法則で決まっているとは思います。それが何なのか?は分かりません。成績順の可能性は低いでしょう。成績順に面接や官庁訪問で選考を行う意味もよく分かりませんからね。だったら、受験番号の若い順とかにした方がまだ自然だと思うのです。成績順という可能性は低いと思いますし、気にしないで二次試験の人物試験や官庁訪問の対策をしていきましょう。
関連記事