_ 国家一般職で受験生に人気、倍率が高い官庁は特許庁? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国家一般職で受験生に人気、倍率が高い官庁は特許庁?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の志望官庁をまだ決めかねている方というのも多くいると思います。面接のときには面接カードに記入したり、面接で聞かれたりする可能性もありますし、官庁訪問をするときには決めないといけないので、ある程度絞っている方は良いですが、全く決まっていないという方は少しずつ考え始めた方が良いでしょう。官庁にも結構違いがあります。

人気官庁というのもありますし、そこには多くの官庁訪問希望者がいることになると思いますが、受験生から割と支持されてるのは特許庁ですね。あまり聞き馴染みがないところかもしれませんが、公務員試験の受験生には割と人気でここを目指しているという方も多いようですね。何を基準に志望官庁を決めるか?については人それぞれですからね。

給料なのか?勤務場所なのか?出世なのか?残業の多さなのか?待遇なのか?それ以外なのか?いろいろな基準で選ぶことになると思いますが、特許庁の特徴の1つとしては転勤がほぼないということもあるみたいです。民間企業においても、転勤の有無は気にする人多いですからね。公務員試験においても重要なポイントになるでしょう。

転勤のリスクが限りなく少ないということがいえるようです。働いたことが無いので確実なことは言えませんが、心配な方は是非自分の目で確かめてみてください。私も転勤は嫌です。知らない土地に行くのもそうですが、一緒に働く人がころころ変わる可能性があるのは嫌じゃないですか?そういう意味では、就職先に転勤がないところを選ぶという心情は十分理解できます。

志望官庁を決める際には、業務内容もしっかり調べた上で決めて欲しいと思います。国家一般職の場合には、人事院面接の前に説明会があるので、それに参加して話を聞ければある程度理解できるでしょうし、自分でも特にここい行きたい!と思っているところがあるならば、そこについて調べてみると、こんなはずじゃなかった!という失敗は避けられるでしょうし、逆により志望度が上がるかもしれません。
関連記事