_ 公務員試験の面接官が見ている、見られているポイントは? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接官が見ている、見られているポイントは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接で見られているポイントって、何でしょうか?1つに絞るのは難しいかもしれませんけど、面接官が1番考えていることを想像することはできるかと思います。確実にそれが正しいとは言えないものの、ある程度当たっているのではないか?という部分は「いかに辞めそうにない人か?」という点ではないでしょうか?

逆に言うと、この人はすぐに辞めそうだと思われたら多分面接では低い点をつけられてしまうのでしょう。民間企業もそうですけど、公務員を採用するときには特にこの点が見られている気がします。公務員として採用する際のコストも当然税金が使われているので、仕事を真面目にしないような人を採用することもそうですが、すぐに辞められてしまう人というのは本当に大きな損失なのです。

そして、公務員というのは、世の中のどの職業よりも、なくてはならない職業です。したがって、辞められる人数が多いと、それこそ住民の生活に支障をきたす。サービスの提供が追いつかないといった事態が起きる可能性があります。だからこそ、面接では辞めそうにない人を採用する意味は大きいのです。

優秀な人を公務員として採用したいという気持ちもあるはあるでしょうが、優秀さというのは面接において判断が難しいです。どういう受験生がそもそも、働いたときに優秀といえるのか?まだ公務員として働いてもいない人を、面接だけで優秀か?どうかというのは見分けがつきづらいというのもあるでしょう。

同時に公務員になったときに辞める可能性が高そうか?という部分についても、確実なことは言えません。これも推測による部分は大きいでしょう。ただ、優秀じゃない公務員を雇ってしまうよりも、すぐに辞めてコストが無駄になりかねない人を採用するリスクの方が大きいのではないでしょうか?優秀じゃない人の度合いにもよりますけど、優秀じゃなくても公務員は務まるとは思いますよ。今働いている公務員全員が優秀というわけではないのですから。


「公務員試験の面接官が採用したいと思うのは、公務員を簡単に辞めない人」といった記述は以下の本にも書かれています。この本は公務員試験の面接全般に使えて、どの試験種を受ける場合でも参考にできる一冊だと思います。本書は、その公務員の仕事を簡単に辞めないと思わせるには、面接の中で、どういう風に話していけば良いのか?といった内容面のテクニックについても解説されているため、公務員試験の面接官に採用したいと思わせる、採用されたいという方には1度読んでもらいたい一冊になります。
面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)
関連記事