_ 面接で緊張するのは当たり前だし、失敗するの当然 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

面接で緊張するのは当たり前だし、失敗するの当然

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接で緊張するのは当然ですね。緊張しないという人は相当そういう場に慣れているのか?そういう体質なのか?は分かりませんけど、羨ましいですね。面接は誰もが緊張して当たり前です。それは公務員試験、就職活動、アルバイト関係ないです。面接は誰もが緊張するものなのです。

したがって、緊張することを恐れないことです。緊張している・・・ヤバイ!って思うのではなく、やっぱり緊張してきたか。と当然のように考えた方が良いと思います。あと、緊張して失敗するかもしれないと思っている人はいますが、その失敗が緊張に起因して起きたものなのなら、それは失敗ではなく、想定の範囲内でしょう。

要は完璧な面接なんてできる人はほとんどないのですから、緊張すること自体を織り込まないといけないですし、失敗することも多少は織り込んでいかないといけないでしょう。だから、これも似たようなものですけど、失敗することを恐れないでしきましょう。失敗して当然と思いましょう。何故、失敗を恐れるか?というと、自分以外の受験生の面接を見られないからです。

見られないと、他の人がどういう感じで面接を受けているのか?分かりませんから、どうしても、他の人は上手くやっているんだろうなー。とか、そういう不安に襲われて、自分も失敗できない!と、自分を追い込んでしまいやすいのです。だから、他の人も当然緊張するし、当然失敗はします。他の人が完璧な面接をやっているとしたら、大間違いだと思います。

ある意味、自分に対する安心感を与えるために、他の人だって上手く面接はできないんだ!絶対にしている!だから、自分も緊張して良いし、失敗して良いと思った方が気楽になれますよ。面接に対する不安も和らぐと思います。そういった意識で面接が近づいてきたら、自分自身を楽にしてあげると良いのではないでしょうか?面接が終わった後も気にすることも少なくなりそうな気がします。
関連記事