_ 就活のSPIをやる目的は?企業は何を見る?何が分かる? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活のSPIをやる目的は?企業は何を見る?何が分かる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動で実施されるSPIの試験は何を見ているのでしょうか?どういうやる意味があるのでしょうか?勿論、足きりの意味が大きいのでしょうけど、脚きりをするならば、他にも手段はあるし、わざわざお金をかけてまでSPIを実施する意味合いとしてはあまり大きくない気もしています。あえてSPIをやる意味があるということですよね。SPIは筆記試験なわけですから、地頭を見るという意味合いもあるかもしれませんね。

今は一般入試以外の方法で大学に入るケースも多いですし、履歴書だけじゃ一般入試なのか?内部進学なのか?AOや推薦入試なのか?は分かりませんから、大学名だけじゃなくて、きちんとした学力を見るためにSPIをやっているのかもしれません。これはよく言われているSPIを実施している理由ですね。

一派入試で入っても勉強しない学生はたくさんいますから、それも見るためなのかもしれませんが、地頭を見る試験としてはあまり適切だとは思えません。だって、基本的にSPI専用の対策をみんなするわけですから、そもそも地頭で勝負しに来ている人はまずいないでしょう。対策するのであれば、入学方法や入学後に勉強していたか?とかを見るのは不可能じゃないか?と思います。

また、SPIで出題される問題はかなりパターン化しているものですから、対策をすればある程度の点数はとれるでしょうから、地頭を見たいのであれば、学歴を見るのとあまり変わらない気がします。ありえそうなのは、SPIそれ自体ができるか?どうかではないでしょうか?つまり、SPIっていうのは、先ほど言ったようにほとんど過去問というか、類題が出るわけですよね。

すると、要は対策さえすればちゃんと点数がとれると。全員がそういうわけではないですけど、そういう傾向があるということですよね。対策さえちゃんとやれば、通過できる可能性が高いとなれば、「最低限やるべきことをしっかりとできる人か?」を見ている可能性も否定できないのです。企業側からすれば、SPIの足きりを通過できないような人は、どうせ仕事も真面目にやらないという認識なのかもしれないです。

ただ、この考え方にも欠陥はあって、全員が同じだけの点数をとってしまったら足きりにならないと同時に、みんなSPIでは結果を出したことになり、SPIの対策を真面目にやった=仕事もきちんとこなしてくれる人材だろうとなり、足きりができません。点数に優劣はついていたとしても、みんな80点以上とか、そうなれば、1番下位の人でも、最低限の点数はとっていると評価できるでしょうし、仕事も真面目にするでしょうから、なかなか切る理由がなくなってしまいます。SPIの利用目的というのは、企業によりけりでしょうから、何とも言えない部分もあるでしょうけどね。
関連記事