_ 夏の公務員の面接は半袖シャツ、ノーネクタイ、ジャケットで良い | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

夏の公務員の面接は半袖シャツ、ノーネクタイ、ジャケットで良い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接の時には多くの人はクールビズの格好を連想するのではないでしょうか?クールビズで来てくれと、あらかじめ指示がある場合もありますが、ない場合もあります。指示があれば、基本的には皆クールビズの格好をしてきます。疑うことなく、素直にクールビズの格好で来るのです。

ただ、クールビズの指定がない場合には、これはまた微妙に分かれます。指示がなくてもクールビズの格好が妥当だろうと判断している人もいれば、指示がなければさすがにクールビズはマズイだろうと判断しているケースもありますから、ここでその人の性格が現れるということですね。どちらが正解か?というのは面接官に聞いてみないと分からないところではあります。

ただ、どの試験種の面接を受けても、恐らく面接官の格好はクールビズだと思います。クールビズじゃなくて、きちんと正装をしている面接官がいたら、それこそ不自然かもしれません。民間企業ではありえますが、公務員試験の面接では、夏の面接ではクールビズの格好をしているのがむしろ当たり前くらいです。

クールビズを明示している試験種もそうじゃないところも、基本的にはクールビズに対しては特に意識はないと思います。公務員自体が主体となって、民間企業の人間にクールビズを推奨しているので、当然受験生にも推奨しても不思議ではないし、実際面接官自身がそれを自分の服装で体現しているのですから。

だから、クールビズの代名詞でもある半袖のシャツやブラウスを着ていって構わないと思います。クールビズという指示があるところは勿論ですが、指示がないところもクールビズを認めている可能性は高いと思います。面接官がクールビズなら尚更です。クールビズの指示がないと、受験生の中にはきちんと長袖、ネクタイ、ジャケットありで来る人もいますが、そういう人は保険をかけているに等しいですからね。

どっちが正解か?というと、民間企業の場合はまた微妙に事情が異なりますが、公務員試験の場合は、どんな場合でも、夏の面接はクールビズで問題ないと思います。半袖のシャツ、ブラウス、ノーネクタイ、ノージャケットで構わないと思います。公務員試験の場合は、やはり理解がより進んでいると思います。
関連記事