_ 大学生、既卒、社会人別の公務員試験の1日の勉強時間 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

大学生、既卒、社会人別の公務員試験の1日の勉強時間

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の1日の勉強時間ってどれくらいしたら良いのでしょうか?これは既卒の人や社会人の人、大学生の人では違ってきそうですね。大学生や社会人の方は、本業があるためそちらをやって、その空いた時間等で勉強をしていくしかありませんが、既卒の人はフリーターの人を除けばある程度時間は確保できるでしょう。

どういう人が公務員試験を目指すにしても、1日最低3、4時間はやりたいところですね。時間が多く確保できる人は、もっと多くやれるならばやってほしいと思います。やればやるだけ成績が上がったり、合格率が上がるとは一概には言えないかもしれません。量よりも質、どうやって勉強をしているか?というのも大切ですから。

ただ、同じ勉強のやり方ならば1分でも長く勉強できた方が、多少なりとも有利になるでしょう。ただ、時間だけを気にするのではなく、やはり効率のいい勉強方法、知識が定着しやすい勉強方法というのも考えながらやってほしいと思います。私は毎日時間ではなく、勉強する量を決めてました。スーパー過去問ゼミを何科目分やるとか、だいたいそんな感じです。

あと、勉強する時間帯も決めていました。毎日決まった時間帯にやると、生活リズムが完全に固まるので、勉強時間のリズムも完全に固まります。そうやってやっていくと、上手く勉強をしていけて、ある程度の勉強時間も確保できると思うのです。社会人の方は当然帰ってから勉強したり、休みの日にやったりするでしょうからあまり時間はとれないでしょう。

社会人経験者採用の場合は、教養試験のみというところも多いですから、勉強時間はもう少し少なくても良いかもしれません。だいたい1年間くらいは勉強期間に充てる人が多いと思うので、社会人の方は1日平均2時間くらいやっていけると良いでしょう。それ以外の方は最低3、4時間くらいできれば多分大丈夫でしょう。

もっとできる人はやっても良いですけど、やればその分確実に成績が上がっていく科目とそうじゃない科目もありますし、成績が上がりやすい勉強方法とそうじゃない勉強方法があると思うので、勉強時間だけじゃなくて、勉強の中身、やり方についても考えながら行うようにしましょう。
関連記事