_ 神奈川県庁の二次試験でグループワークを実施決定! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

神奈川県庁の二次試験でグループワークを実施決定!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県庁を受験予定の方もいるのではないでしょうか?神奈川県庁はそれなりに多くの人数を採用する大きな県庁になりますが、この度試験内容に一部変更があるみたいです。「http://tamtam1951.blog.fc2.com/blog-entry-409.html」の記事によると、2015年から二次試験でグループワークが実施されるみたいです。去年まではなかったんですね。ちなみに、グループディスカッションも引き続き行われるらしいです。

二次試験の内容は是非受験される方は自分で確認してほしいと思いますが、グループワークってそもそも何?という人のタメに簡単に説明すると、グループディスカッションの進化バージョンになると思います。グループディスカッションは、公務員試験の場合は、与えられた課題に対して話し合って答えを出すというものです。

ただ、グループワークは、民間企業で行われているものは、その会社の実際の製品、サービスを使って、どのように仕事をしていくか?あるテーマが与えられて、そのテーマを満たすような提案をしていくのです。つまり、その会社の事業について多少知っていないと何もできない可能性があります。例えば、こんな要望を持ったクライアントがいるんだけど、うちの製品やサービスを使って、どう満足してもらえるような仕事をしていったら良い?といったものです。

グループワークはグループディスカッションに比べて、多少難易度が上がるケースが多いです。公務員試験では、グループワークってあまり聞かないですけど、要は実際の仕事にかかわる討論をして、問題を解決に導くのがグループワークになると思います。ただ、グループディスカッションは、実際の仕事とはあまり関係ないテーマについて討論することが多いです。

そうなると、グループディスカッションは誰でもある程度意見が言えるようなものになりますが、グループワークは予備知識がないと、何も話せない状況になってしまうかもしれません。これは出題テーマにもよりますけどね。事前いテーマが発表されるのか?当日発表なのか?分かりませんけど、テーマによっては苦しむ人が出る可能性もあります。

グループディスカッションも難しいといえば難しいですけど、グループワークはそれよりもさらに難しい可能性がありますから、是非注意をしてほしいと思います。神奈川県庁を受験される方は、事前にグループワークの対策をできるだけしておきましょう。情報集めなども含めて、できることはやっておきましょう。
関連記事