_ 「地方公務員の志望理由を教えてください」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「地方公務員の志望理由を教えてください」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方公務員を受験した場合に「何故地方公務員を目指したのか?」という質問をされることがあります。これはその人がどういう動機を持って目指したのか?ということを見る目的がまず1つ。そして、この人は国と地方の公務員の仕事、役割の違いを認識しているか?ということが2つ目に挙げられます。

こういう質問の答え方には2通りの方法が考えられます。「私は~がしたいから地方公務員を目指した」、「私は~という経験を生かせると考えたから地方公務員を目指した」という2つです。前者は例えば国はおおまかな政策を計画して、地方はそれを住民に対して実施していく仕事になります。

国と地方の仕事の内容を分けた場合、地方の仕事を特にやりたい!という動機です。そして、後者は自分のこれまでの人生を通じて、こういう経験をしてきた。その経験が国よりも地方のこういうところで生かせると考えたから。という動機です。

私はこういう質問には後者の方法で答えました。「私は接客業のアルバイトを通じて、直接他者と接する仕事のやりがい、楽しさを学びました。したがって、公務員の中でも直接他者とかかわりの多い地方公務員を志望しました」というものです。実際、この質問は聞かれませんでした。しかし、聞かれたらこういう風に答えようと考えていました。私の解答例は全然大したことはないです。誰でも言えるようなものに近い。

でも、自分で考えてみて国と地方の仕事の1番の違いを考えて、自分のこれまでの人生を通して公務員の仕事にどう関わっていくべきか?ということを踏まえると、アルバイトを通しての経験が1番生きると考え、このような感じになりました。何だかんだで説得力はそれなりにあるんじゃないかなー?と思いました。
関連記事