_ 集団討論の司会は、こなすべき仕事が多く、失敗しやすいから注意! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

集団討論の司会は、こなすべき仕事が多く、失敗しやすいから注意!

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就職活動では、集団討論が割と課されるようになってきました。集団討論では、発言する人や司会をする人、書記をする人などに分かれて議論を進めていくことが多いです。特に司会の果たす役割は大きいです。司会になると評価が高くなるのか?と思っている方もいるかもしれませんが、あまり関係ないのでは?と思います。

司会はある程度慣れていない人がやらないと務まらないです。急造でできるものではないでしょうからね。だから、無責任に立候補するのはやめといた方が良いでしょう。誰もやりたがる人がいない場合には、誰かがやるしかないのでしょうから、その場合には仕方ないでしょうけどね。

ただ、司会って難しいですよ。皆さんがイメージしている司会は、メンバーに話を振ったり、意見をまとめたり、流れを整理したりということかな?と思いますが、これらに加えて、いろいろと修正をしないといけない。例えば、メンバーの意見が明らかに場違いというか、議論の流れに沿っていない場合に指摘したり、議論全体が関係ない方向にいっている場合に、それを戻したり。

そういう適宜、議論本来のテーマに沿っているか?ということと、今話されている話題とメンバーの発言が合致しているか?ということを常に気に留めながら司会をしていかないといけないのです。それと司会をしていて、そういうことに気付けるか?という問題もあります。気付かないで議論が進んでしまうと、当然司会としても評価は低いでしょうし、議論全体がおかしくなってしまうので、メンバー全員の評価にも影響しかねない。

誰も立候補がいない場合にはしょうがないですが、自分からやりたい!という場合には、そういう責任重大ということは覚えておきましょう。私は絶対に司会はやりたくないですけどね。やっぱり難しいですもん。普通に発言しているだけの方が気楽です。グループディスカッション自体が、いきなり初めて会った人たち同士で組まれますから、非常に難しいですよね。

司会は基本的にはやらない方が良いと思います。司会は課されているハードルが高いと思うので。自分は司会に向いている!と自信を持って言えるような人以外は、立候補しない方が良いのではないでしょうか?本当に司会は難しいし、自分で考えている以上の役割を期待されているというか、求められているということもあると思うので、それは事前に知っておきましょう。
関連記事