_ 社会科学の筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

社会科学の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・社会科学ってどんな科目?
社会科学という科目は満点は厳しいですが、7割くらいは普通に狙える科目です。そのため、どの受験生もある程度はできますし、ここでは最低限きっちり点数をとっておかないといけない科目です。出題数は試験種にもよりますけど、だいた6から8問くらいでしょうか。教養試験の中でも、文系の人でも苦にしない出題科目ですし、出題数が割と多いのでしっかりと勉強して点数に結びつけてください。

・どんな問題が出るの?
これは主に政治、経済、法律、社会といった科目から構成されています。これは範囲がこれといって特定できません。関連する分野の問題が無制限に出る可能性があるからです。また、専門科目の憲法、政治学、行政学、マクロ経済、ミクロ経済、財政学、社会政策といった科目を勉強していれば、それだけで解ける問題が多数あります。

ですから、出題される問題の内容は各法律、政治、経済の専門科目の問題とほぼ同じ様なものです。これらの専門科目が得意ならば、おそらく社会科学でも安定した点数がとれるのではないでしょうか?全体的には政治と法律に関する問題の出題が多い気がします。特に憲法と政治学ですね。

・どうやって勉強すれば良いの?
社会科学専門の勉強する必要はありません。社会科学専門の問題集もあるのですが、やってもあまり効果が期待できない...。というのが私の実際の体験談です。社会科学は該当する専門科目を勉強していれば大丈夫!無視で良いと思います。まずいないとは思いますが、本当に時間に余裕のある人だけが行うといったやり方で良いでしょう!


<おすすめ参考書、問題集>
・(→紹介記事
公務員試験 過去問新クイックマスター 社会科学
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ3 社会科学 改訂版
関連記事