_ 受験票や面接カード、履歴書の写真の服装は私服か?スーツか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

受験票や面接カード、履歴書の写真の服装は私服か?スーツか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の受験票に貼る写真はスーツで撮るべきでしょうか?スーツと私服のどっちがベターか?といったらスーツでしょうね。私服で問題になることはあってもスーツで問題になったり、不利になることは通常は考えられない。スーツを着て写真を撮りに行くのは面倒でしょうけど、これくらいの手間はしょうがないかもしれない。

受験票の写真も、履歴書に貼る写真も極端なことを言えば、顔が見えれば良いので、本来は別に私服でも構わないような気もします。というか、写真としての機能はスーツでも私服でも大差ない。ただ、どうしても服装の一部が写ってしまうために、その服装が私服か?スーツか?によって、人の印象は違ってくる。それが合否にかかわってきてしまうということになるのです。

だから、履歴書の写真はスーツの方が絶対に良いです。受験票の写真はどうなんでしょうね?スーツの方が不利になる恐れがないという意味では、やはりベターです。受験票の写真で、一次試験が不利になるなんてことはないでしょうし、あってはならない。その受験票が二次試験以降も回覧される場合には、そこで不利になるかもしれないですけど。

公務員試験も見えないところで採点されたり、評価されたりして、合否が決められているわけですから、とにかく不安な部分を作らない方が良いです。だから、どちらもスーツで撮るというのがベストでしょう。というか、受験票に貼る写真も履歴書や面接カードに貼る写真も、同じもので構わないでしょうから、1度スーツで撮ってしまって、それを両方で使うというやり方で良いと思います。

わざわざ私服とスーツで別々に写真を撮ってくる手間がもったいないです。だから、暑くなる前に1度スーツ姿の写真を撮っておいたほうが良いです。筆記試験が5月くらいから始まると思うので、その前に受験票が必要になりますから、その前に暑くなる前に、ちゃんと上着をきてスピード写真でも、プロのカメラマンでも構わないですから、撮ってもらってください。暑くなってくると、スーツのジャケットを着て撮る気がなくなりますから。
関連記事