_ 就活の履歴書や公務員試験の面接カードが未だに手書き推奨という謎 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活の履歴書や公務員試験の面接カードが未だに手書き推奨という謎

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民間企業の就職活動では、履歴書の手書きかパソコン印刷かをめぐって、いろいろと対立が起きています。私はパソコン印刷推奨派で、手書きの履歴書はいい加減に早くやめるべきじゃないか?と思っています。理由はいくつかありますが、主に以下になります。公務員試験の面接カードは手書きですよね。これもいつまで続けるのでしょうね?

・履歴書や面接カードで字を見る必要がない
履歴書などを手書きにさせる理由として、「字を見ると人格や性格が分かる」という。これ自体、誰が信じるのか?というレベルの主張にように思えます。ただ、それを100歩譲って認めたとしても、それを何故履歴書や面接カードで見るのでしょう?あんなにたくさんの字を書かせる必要あるのでしょうか?字を見たいならば、面接官などがいるときに、目の前で本人に何かしら書かせれば良いのです。事前に書かせたら代筆とか、別の人が書いてくる可能性だってある。


・手書きの履歴書や面接カードは篩(ふるい)としては機能しない
これは手書きの履歴書を課すことで、手間をかけてでも受けたいという志望度の高い人のみが集まるという理論らしいです。ただ、これは現代ではありえないと言って良いと思います。それは、手書きの履歴書を書いているのは、どの企業に対しても同じだから。公務員試験でいうと、どの自治体も当然面接カードは手書きです。

つまり、ほとんどの企業、自治体がパソコンで作って来い!と言っているのに、その中であえて、じゃあうちは手書きを課そう!というのであれば、他を受ければ手書きの手間なんかかけなくて良いのに、わざわざ手書きで手間のかかる企業や自治体を受けに来てくれている!この人は志望度が高いに違いない!というのは分かるが、現状ではどこもかしこも手書きの履歴書、面接カードが氾濫しているので、その中で同じように手書きを課しても、それで応募してきた人というのは、客観的に見て、志望度は他と一緒としかならないのです。


・仕事上、パソコンで書類を作る機会の方が圧倒的に多い
公務員、民間企業を問わず、書類の作成は当然パソコンです。自分の字を書く機会って、なかなかないと思います。あるとしてもちょっとした連絡(自分でメモなどに書いた方が早いときなど)くらいで、誰か偉い人に見せるような重要な書類を手書きで書かせることはほとんどない。字を書く機会よりもパソコンで書類が作成できないと困る機会の方が圧倒的に多い。字を書かせて、綺麗な字だね!となっても、その綺麗な字を一体何処で生かすのか?パソコンが一通り使えるか?を見るほうがよっぽど後々のことを考えても意味があると思います。
関連記事