_ 憲法24条は「同性婚」を認めているのか?意外な事実が! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

憲法24条は「同性婚」を認めているのか?意外な事実が!

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


最近、巷で話題になっている同性婚ですが、憲法の条文などをどう解釈するか?によって認められるのか?認められないのか?どれともどっちでもないのか?というのもまた変わってきそうです。憲法24条「婚姻の自由」には、「婚姻は両性の合意のみによって成立する」とあるので、これを文字通り読むと、男女という両性の合意が必要だとされているのです。

つまり、結婚をするには男女の合意が必要だと読めそうですが、これは前近代的な家長の権限が強く、そういった人たちの許可がないと結婚できなかった時代を反映した条文と言われています。つまり、家の中の偉い人の許可がないと自由に結婚できないという風習を改善するために、当人(結婚をしようとしている男女)の意思のみで結婚が出来ますよ。としたのが、憲法24条であると。

そうなると、当然時代背景も考えると分かりやすいですけど、日本国憲法ができた同時には、そりゃ同性婚を考慮しないといけない余地がなかったはずですよ。だから、「両性」と明記されているのは、当時男女間以外の結婚が想定されていない時代に作られたからであって、そこに同性同士の結婚をさせても、憲法の趣旨に反するものではないでしょう。

ここでいう「両性の合意」というのは、「当事者の合意」という意味合いが強く、別に別々の性同士が結婚しないといけないものではないと解釈するのが自然なのかもしれないです。また、当時弱かった女性の権利を明白にするために「両性」という言葉を使ったともされているようです。何かそういわれれば納得できる気もします。

実際、同性婚を認めても公共の福祉に対する重大な影響はないだろうし、公序良俗違反にもならないでしょう。多様な価値観がそれだけ現代では生まれてきた。集団的自衛権もそうだけど、何十年も前の憲法ができた当時と今は違うのだから、いろいろな場面で憲法とそぐわない事態が起きやすくなっているのです。恣意的な解釈はすべきではないけど、無理のない範囲で、かつ我々国民生活にこれといって影響のないものは、認めてしまっても構わないと思いますけど。

道徳や倫理を理由に反対する人が一部いるのも事実です。ただ、法律と違って、道徳や倫理は、別にそれぞれが別個のものを持っていて良いものであり、同性婚はよくないという道徳観を持っていること自体は自由だけど、それは同性婚に反対する理由にならないと思うのです。道徳観というのは個人の好き嫌いとほぼ同義だと思うので、具体的な問題点を指摘できないで反対するというのはいかがなものかと思います。


関連記事