_ 東京都庁の面接で座る受験生用の椅子がまさかの・・・ | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

東京都庁の面接で座る受験生用の椅子がまさかの・・・

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都庁の面接では、1つ大切なことがあります。これはあるブログ(http://moshisapuri2.blog5.fc2.com/blog-entry-3020.html)に書かれていたことですから、その書き込みをここで紹介したいと思います。都庁の1回目の面接のときに、ある受験生がとんでも失敗をしてしまったらしいのです。椅子の座り方です。椅子というと、どういう椅子を思い浮かべますか?椅子にもいろいろありますよね。

今もそうなのか?分からないのですが、都庁の面接で用意されていた椅子というのは、回転椅子だったらしいのです!え?と思う方もいる方もいるかもしれません。私も正直、面接で回転椅子に座らせるところは初めて聞きました。私は都庁は受けたことがないので、本当のところはよく分からないものの、その人も恐らく回転椅子に座ったことはあると思うんです。

小学生のときに教室にある先生の机の椅子って回転椅子であることも多いですし、それにふざけて座っている子達はよく見ていました。そういう遊び感覚で座ることはあっても、こういう改まった場で回転椅子に座る機会って、まずないでしょう。つまり、その受験生は回転椅子の座り方を知らなかった。その回転椅子はあらかじめ90度横を向いている状態だったみたいです。

その受験生は座り方が分からなかったのか?あろうことか、まず90度横を向いたそのままの状態で座って、椅子に座った直後は面接官から見て横を向いている状態です。そこから椅子に座った状態で、面接官の方を向き直り、面接官の嗚唖然とした表情を目の当たりにしたらしいです。その人の合否は分からないものの、面接官の反応からして、その座り方は適切じゃなかったのでしょう。

というか、私も回転椅子の正しい座り方なんて知らないですよ。というか、知ろうと思ったこともないですよ。この受験生はあまり悪いとは思えない。失礼な座り方をしたのはその通りかもしれないが、回転椅子で面接をするなんて私は初めて聞いたし、今までの全ての面接を振り返ってみても回転椅子で面接を受けたことがなかった。当然、この受験生もそうだと思います。だから、当然座り方も知らなくてもしょうがないと思うし、焦って失礼な座り方をしてしまったのも、不可抗力に近いと思うのです。

都庁は何故こんな特殊な椅子を椅子を用意したんですかね?回転椅子の正しい座り方を知っているか?を見たかったのでしょうか?回転椅子なんて、まだ社会人として働いたことがない受験生を前提にするならば、当然座る機会もほとんどない。それどころか、座り方も知っていなくて当然のように思います。都庁がずーっとそういうやり方を続けていたのならば、それを事前に知らなかった受験生にも数%くらいの落ち度はあるかもしれないけど。

そういうわけで、この話がいつの話なのか?は分からないけど、多分最近の話なのでしょう。今年度も都庁の面接では回転椅子が使用されるか?は分からないです。ただ、回転椅子かもしれないということがあらかじめ頭に入っているだけでも対策はとれますから、状況は全然違いますよね。今年度の都庁の面接がどういう風に実施されるのか?はそのときが来てみないと分かりませんけど、そういう座りなれていない椅子が用意されている可能性も一応頭に入れておいてください!
関連記事