_ 性格検査は正直に答えたら落ちる?嘘つかないと受からない? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

性格検査は正直に答えたら落ちる?嘘つかないと受からない?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


2015年から特別区でも実施される運びとなった性格検査について、調べている人もいるかもしれません。一応、特別区は「合否には直接関係はない」としていますけど、それがどこまで本当か?全く影響ないのか?それとも、回答次第では影響があるのか?など、受験生はちょっと疑問なところが多いと思います。実際の設問を見ないと何とも言えない部分はありますけど、多くは仕事に何らかの関連性がある設問が多いと思います。

全てがそういうわけではないですが、ある設問への回答からその人の性格がある程度把握できるとすれば、じゃあそういう性格の人が実際に仕事をしたらどうなるか?というのは、なんとなく想像がつくのではないでしょうか?つまり、全ての設問は最終的に、その人が働いた場合につなげることができるということです。そして、実際公務員に向いている性格、向いていない性格というのがありますよね。採用側から見て、望ましい結果っていうのは、ある程度存在すると思うのです。

すると、その理想の性格から離れている人がいれば、その人は単純に採用する側から見て、採用したい人材には思えないということです。どれだけの人がその結果を見るのか?分かりませんけど、当然、受験生1人1人で結果(性格の傾向)は違いますよね。ということは、その結果へのリアクションも異なるはずです。リアクションが異なるということは、採用する側から見て印象の良い結果とそうじゃない結果があるはずです。

つまり、答え方次第で、面接官なのか?誰なのか?分かりませんが、採用する側の印象は全然異なる可能性が高く、結果的に合否に影響が与えられる可能性が高いということです。その結果を見るのは当然人間なわけですから、それをいくら参考程度と位置づけても、その結果に全く影響されない人がいるわけないのです。そう考えると、採用者から見て望ましい回答をしていく必要があるということになり、受かりたいのであれば全てを正直に答えてはいけないとなります。

どのように答えれば良いか?については、市販の参考書や性格検査について解説しているWebサイトをご覧になると多分良いアドバイスが載っていると思います。実際、第1回目を迎えないと、具体的にどういう設問があるのか?は分かりませんけど、事前にこういう風に答えていくと良い評価が得られそうだ。というコツみたいなのをある程度掴んでいくと、良いのではないでしょうか?


就職試験で実施される性格検査には実は正解がある?それを解き明かし、就職活動や公務員試験を受ける方々の疑問を解消してくれるのが本書になります。当然、性格検査を受けるときには職員から「正直に答えてください」と忠告されるとは思いますけど、その忠告に素直に従うと、受かる可能性は低いのではないか?ちゃんと受かりやすい回答の仕方があるのではないか?そういう疑問を持っている方には、特にオススメしたい一冊ですね!
性格検査には「正答」がある! ──就職適性検査対応
関連記事