_ 「もし複数受かったらどこに行く?」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「もし複数受かったらどこに行く?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


複数受かってみたいものですね(笑)そういう贅沢な悩みみたいなのは私は経験したことがありませんでしたから。多くの受験生はとりあえず1個受かってくれれば御の字という方が多いと思います。しかし、実際にこういう質問をされたらどう答えれば良いのでしょうか?

面接対策本なんかでは絶対に「ここが第一志望なので、絶対にここに行きます!」という解答例がよく載っています。要するに嘘をついてでも、第一志望をアピールしろということでしょう。面接の対策としては別に間違っているとは思いません。第二志望と言われて、嬉しい面接官もいないでしょうから。要するに嫌な言い方ですが、茶番に乗れ!ってことですよね(笑)

基本的には嘘をついて第1志望だということをアピールすべきということになります。嘘をついていたとしても、この質問に関しては深く突っ込んでくる面接官はほとんどいないと思いますし。正直に答えると面接官の心象を悪くするというのが一般的な意見です。

ただ、中には第1志望じゃないことを敢えて言って、それで合格したという例もあると思いますから、必ず第1志望といわないといけないわけではないと思います。しかし、面接官がどんな回等に心象を良くするか?悪くするか?というのは読めませんから、無難な回答はあくまでも第1志望と答えるということになると思います。

よほど、自信のある人以外はとりあえず、第1志望です!ここに受かれば絶対に行きます!と言っておけば問題が出てくることはないと思います。絶対的なアピールになるというわけではないものの、特にマイナスになる回答ではないでしょうし。
関連記事