_ 公務員試験の集団討論のテーマ、お題は非常に複雑怪奇? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の集団討論のテーマ、お題は非常に複雑怪奇?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験のグループディスカッション(集団討論)のテーマというのは、事前に発表されるケースは少ないです。だいたい、その当日その場で始めて発表されるケースが多いと思います。公務員試験の集団討論って、浪人の人以外はやったことないと思います。集団討論自体(民間のも含めて)やったことないという人も多くいると思います。

集団討論自体も割と難しいのですが、公務員試験の集団討論は本当に厄介だと思います。私はそんなに経験ないですけど、実際にやってみた感じはやっぱり難しかった、集団討論という舞台に立って、意見を言って討論を進めること自体の難しさもありますけど、議論のテーマがまた難解だったんです。時事まではいかないけど、割と最近話題になっているようなことがテーマとして設定されており、普段からそのテーマについて見聞を持っていたり、ある程度何かしら考えていないと、その場で対応するのは難しいと思います。

ある意味、教養論文に近いかもしれないです。論文もここ数年とかで、割と話題になっていること、昔からの話題のテーマもありますけど、そういうものを出題してくるじゃないですか?それと似たようなものですね。でも、論文は皆さんかなり対策してきますよね。出題予想とかを踏まえて、10とか、20とか、テーマを潰してくると思います。

グループディスカッションでもそういうことをやれば、同様に対応できるかもしれない。でも、グループディスカッション用の参考書とかないですよね。出題予想自体がほとんどない。する人が少ない。それは当てるのが難解すぎるからだと思います。論文と似たような感じだけど、対策が立てられるか?立てられないか?で大きく取り組みやすさ、本番での出来が全然違います。グループディスカッションの難しさはここなんですよね。対策がなかなか立てられないけど、でも、全く無の知識のテーマが出たら終わりです。論文みたいに1時間とか、時間をかけて仕上げる時間はありません。その場で、すぐに意見を言わないといけない。

グループディスカッションは、コミュニケーション能力のようなものも確かに必要なんですが、そのテーマについてもちゃんとした知識を持っていないと、そもそも発言する勇気が出ません。そして、何を発言して良いか?分かりません。公務員試験の勉強を真面目にやっていれば、全く何も話せないようなことはないと思いますし、そういうテーマが出るとは思いませんけど、日頃から、世の中の出来事、話題について広範囲にアンテナを張っていると非常に有利になるかもしれません。

新聞でも、ネットのニュースでも良いですから、話題の出来事についてちょっとでも見ておくと、それが後々グループディスカッションでも生きるかもしれません。私なんかは特にネットのニュースは毎日よくチェックしていますよ。そういった日頃からの何気ない取り組みがどこで役立つか?分かりませんから、適度にそういう媒体をチェックしていく癖をつけてていくと良いと思います。
関連記事