_ 公務員試験で有利な資格、取っておいた方が良い資格ってある? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験で有利な資格、取っておいた方が良い資格ってある?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験において持っていると、有利な資格ってあるのでしょうか?有利な資格といっても、そもそも公務員試験の場合は資格のアピールはこちらからしないと、向こうには伝わらないですよね。それは面接カードとかに資格欄がないところが多いと思うので、それを面接官が気付くことは多分あまりないと思います。だから、こちらからアピールするしかないのです。

自己PRとかで、私はこんな資格を持っていて、それが公務員の仕事においても役に立ちます!といったことをしない限りは、どんな資格を持っていても面接官には認知されないでしょう。じゃあ、どういう資格が評価されるのか?というと、特にこれといってないと思います。公務員という職務に直接関係する資格がほぼないからです。

ただ、強いて言うならば英検、TOEIC、TOEFLなどの英語関連の資格じゃないですか?間違いなく公務員でも語学に堪能な人は求められていると思います。別に海外勤務があるわけではないですけど、日本人以外が市役所とかを訪れるケースも別に珍しくないと思うので、より多様なニーズに応えていくという公務員の仕事としての使命から言えば、語学に堪能な人は、まさに公務員に相応しいと言えるのではないでしょうか?

だから、証明できるような資格があれば、どれくらい有利になるか?は分からないですけど、ないよりは評価されると思いますよ。英検でいえば、準1級以上、TOEICでいえば、スコアが800以上とかですかね?TOEFLはちょっと詳しくないので、申し訳ありませんけど分かりません。だいたい、英検かTOEICを受ける人が多いと思うんですけど。ただ、特にこの2つは、おお!と思えるような級を持っていたり、スコアを記録しているからといって、=英語ができるという証明には必ずしもならないと思うのです。ペーパーテストは訓練とテクニックでどうにかなる部分が多いので。

面接官もそこをどう評価していくか?でしょうね。英語ができると、当然筆記試験でも有利ですし、損することはないです。英語がちゃんと話せる日本人が希少なため、そういう人がいれば民間企業でも当然重宝されますよ。ただ、英語ができても、それ以外の公務員への適正という部分の方がより見られていると思うので、やはり資格がどこまで生きるか?は未知数ですね。
関連記事