_ 公務員試験と民間企業の就活との両立は可能なのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験と民間企業の就活との両立は可能なのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員を目指される方は民間企業と併願される方もいるでしょう。卒業までの公務員でも民間でも1個は内定をとらないと!と焦る気持ちはよく分かります。このご時勢ですので、卒業までに就職先を決めることの大切さは非常に理解できます。しかし、実際問題として両方をこなすのは非常に大変です。器用な人はそうでもないのかもしれませんが、私にはきつそうです。

私は両立したことはありませんが、両方一応経験しています。公務員を目指す前は民間の就職活動を少しやっていて面接も3回くらい受けました。就活と公務員試験を両方経験した私から言わせてもかなり厳しいと思います。結果的に1つくらい内定がとれるかもしれません。

しかし、それが長期になればなるほど日程的にも厳しくなるかと。特に学生の方は大学と就活と公務員試験の勉強の3つを両立するということですよね。2つでも結構厳しいはずです。それを3つというのは私だったら、あまり賛成派できません。

公務員試験の勉強については場所と時間を選びません。家でも大学でもカフェでもマックでもできます。しかし、就活は場所と時間を指定されるわけで、非常に融通が利きづらい。就活のせいで授業を休まないといけない学生が多いということも問題になりつつあるくらい、今の就活は大学生の学業圧迫しています。

それは公務員試験の勉強もその就活の邪魔にならない範囲で行わないといけないため、時間的な制約、負担感は増すでしょう。大学生活と就活の組み合わせは結構支障が出るくらいなので、それに公務員試験が加わるとどうなるでしょうか?逆に大学生活と公務員試験の組み合わせはさほど支障は出ないと思います。

1番まずいのはどちらも中途半端に終わってしまうパターンです。私ならどちらかに集中する選択をとると思います。日程の調整、勉強時間の確保などが上手くできる器用な人でなければ、就活と公務員試験の並行は厳しいのかな?と思います。

その両立によほどの自信があればまた別でしょうけど、その自信がないのであれば、どちらか1つに集中することをおすすめします。あとはご家族や予備校の先生などとも相談されることも良いでしょう。最終的に決めるのはあなたなので。ただ、リスク分散というのもあるかもしれませんが、私としてはできるだけ1つに集中した方が良いような気もしないでもないですね。
関連記事