_ 特別区、東京都庁を受ける人のためのオススメ時事対策本 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区、東京都庁を受ける人のためのオススメ時事対策本

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中で非常に厄介な科目の1つが時事対策ではないでしょうか?特に東京都庁と特別区については出題が多いので、勉強をしないと当然不利です。特に東京都は教養試験に足きりが定められていることはほぼ明確ですから、時事で全くとれないと、専門記述と論文をどれだけ一生懸命書いても、それが無駄になってしまう可能性があります。

特別区と東京都は一定の点数は時事問題でも正解していくことが求められているので、しっかりと対策をしてほしいと思います。さて、多くの人は予備校のテキストか、「速攻の時事」を使って時事問題の対策をしているのではないでしょうか?勿論、それでも一定の点数はとれるはずですし、対策には申し分ないかと思いますけど、実は特別区や東京都専用の時事対策本があるのです。

特別区と東京都の過去の出題傾向を分析して、それによって効率的に学習してくとともに、1点でも多く、できることならば満点をとっていくために作られた専用の問題集が「地方公務員試験 東京都・特別区のパーフェクト時事」です。速攻の時事と比べると、やはり特別区と東京都に照準を合わせて作られているので、この2つのどちらかを受けるという方にとっては、より高得点がとりやすいといえるでしょう。

本書には問題集のような部分も付属しているので、そこに載っている知識をもとにして実践練習も兼ねていくことができます。したがって、非常に頭に定着しやすいと思います。速攻の時事を使っても、問題ないと思うんですけど、特にこの2つの試験種で絶対に合格したいと考えている方は、これを使ってみるのも良いかもしれませんね。

時事対策は、勿論特別区や東京都以外でも必要です。国家公務員の試験種でもそこそこ問題数ありますから、そちらでもちゃんと得点できるように、しっかりと対策をしていきましょう!東京都や特別区は今年から6月になりました。まだ時間はあるので、時事対策はほどほどで良いと思うので、計画的にやっていきましょう!ただ、あまり時事問題にこだわりすぎないようにはしてください。満点はやはり難しいので、他の科目とのバランスも考えながら、適度にやっていくようにしましょう!
関連記事