_ 特別区の筆記試験で60点、70点等の高得点を取るとヤバイ人たち | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の筆記試験で60点、70点等の高得点を取るとヤバイ人たち

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の一次試験というのは、他の試験種と比べて、非常に高得点がとりやすいと思います。他の試験種もそりゃたくさん勉強すれば高得点は狙えるのかも知れませんけど、相当な苦労が必要になると思います。しかし、特別区の場合は一生懸命勉強する前提ですけど、高得点は誰にもチャンスありますね。それは専門試験で満点が狙えるからです。

満点が狙える試験って、他にないでしょう。事実、特別区の専門試験は55問中40問選択と非常に緩い条件で、かつ問題の難易度も全体を平均すると、さほど高くない。難しい問題は解答しないで、できるところのみを拾っていっても、十分満点は狙えます。満点は無理でも、39点、38点くらいの点数であれば、これはちゃんと勉強を真面目にやっていればとれますよ。

出題される11科目をみっちりやっておけば、9割最低とれると思います。ただ、教養試験の方は、そういうわけにはいかず、7割くらいとれたらもう万々歳という感じだと思います。トータルで、80点満点で70点以上とる人もそこそこいると思います。60点以上であれば、かなりの人数いると思います。しかし、一次試験でどれだけ高得点をとっても、それがどこまで意味があるか?は未知数です。

勿論、1点でも高いことに越したことはないけど、あまり高得点を取りすぎると、油断する人が出てきそうなんですよね。特別区の二次試験の配点は公開されていないので、分かりません。しかし、かなり高いんじゃないか?と思われます。以前、2ちゃんねるの特別区のスレッドで「60点以上とった人でも落ちるの?」みたいな書き込みをしている人がいました。この人は、60点以上を一次試験でとっていれば、2次は受かったも同然じゃないの?みたな感覚だったからこそ、こういう書き込みをしたんじゃないか?と思います。

同じような人はもしかしたらいるかもしれません。二次試験の配点が公開されていないがゆえに、一次試験で他の受験生を引き離して高得点をとった人は、こりゃ面接で大失敗さえしなければまず大丈夫だろう。と油断している人がいそうなのです。80点満点とってたって、そりゃ落ちる可能性は十分あると思います。やはり怖いのは配点が公開されていない点です。一次試験と二次試験の配点比率というのも分かりませんし、筆記試験の点数がどの程度最終合格に影響を与えるのか?分かりませんから。

したがって、面接対策をちゃんとやるのは、逆に一次試験の点数が低い人じゃないか?と思います。点数が低い人は面接で頑張らないと、上の人を絶対に抜けないので。一次試験の点数にかかわらず、ちゃんと一次は一次と、ちゃんと割り切って二次試験の準備ができる人は問題ないでしょうけど、とろうと思えば本当に信じられないほどの高得点をとれるので、一次試験で高得点をとっても、それは無視して、新たな気持ちで二次に集中できないと最終合格は厳しいのではないか?と思います。
関連記事