_ 神奈川県早期チャレンジは2015年から日程が秋にずれ込む | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

神奈川県早期チャレンジは2015年から日程が秋にずれ込む

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


まだ歴史はそんなに長くないと思いますけど、毎年4月に実施されていた神奈川県早期チャレンジがどうやら2015年からは日程変更になるようです。廃止にならなくて良かった反面、今まで4月に受けられていた試験が日程変更になるということは、いろいろな影響をもたらすでしょう。時期はいつになるのか?というと、どうやら10月みたいですね。


これも恐らく民間企業の就活の繰り下げによるものじゃないか?と思いますけど、10月に日程が移動するということで、どういう影響があるか?について解説していきたいと思います。まず、1つ言えることは時期が大幅に繰り下がったことで、受ける人の数が減るでしょうね。今までは公務員試験のいわば開幕戦の時期に行われていたために、受験者数は全国からかなり集まってきていました。

しかし、これが10月に変わるということはどういうことか?この時期になってしまうと、1個くらい内定を得ている人も多くいると思います。つまり、神奈川県庁が第1志望で、かつ地方上級の試験で受かっていないと人以外はそこまで受けてこない可能性があります。これは民間企業の就活生も同様です。そもそもこの神奈川県早期チャレンジは元々民間企業を中心に就職を考えてきた人にも受けてもらえるように作られた試験ですから。

10月だと、内定率は5割は越えていると思うので、4月の時期と比べても就活生の受験者数は減ると思われます。したがって、どちらも受ける人数がかなり減ると思うので、募集人数が極端に減らない限りは、受験者数はかなり減ると思うので、倍率もおそらく下がるだろうと思われます。例年、20倍以上の倍率だったと思いますけど、これが少しは減るのではないでしょうか?

また、それによって、鬼のように高いと予測される一次試験のボーダーも下がると思われます。国立大学法人以上に高いのではないか?とされていましたけど、少しは下がってくれると良いですね。6割くらいまで下がってくれれば、かなり一次試験でも望みのある人が増えると思います。そういった意味では、今回の神奈川県早期チャレンジの日程変更はプラスの要素も多そうですね。

今年からは神奈川県早期チャレンジは神奈川県秋季チャレンジとなって、生まれ変わるということですから、今年の場合はいつもの時期には受けられないので注意してください!特別区とか、東京都とか、国立大学法人も6月になったので、国家総合職を受けないと、1番最初に受けられる試験はどれになるのでしょうかね?
関連記事