_ 公務員試験と民間企業の就職活動を併願する人の注意点 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験と民間企業の就職活動を併願する人の注意点

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受験するために勉強されている方は、民間企業の併願も考えているかもしれません。大学に通いながら、公務員試験の勉強もしながら、民間企業も受けていくというのは、非常に大変だと思います。公務員試験一本でやっている人よりも、相対的にかけられる時間も少ないでしょうから。それは民間企業の方でも一緒ですかね。

両方をやっている人は、少なくとも民間企業に受かれば、そこで働く可能性もあるわけですよね。公務員と民間企業のどちらが志望度が高いのか?は分かりませんけど、民間企業に受かって、公務員に受からなかった場合には、おそらく民間企業で働くということになるのでしょう。公務員試験の方ばかりに気をとられてしまうと、あまり民間企業の方に手が回らないというか、あまり情報感度が鈍くなる可能性があります。


民間企業の就職活動にもかけられる時間というのは、通常の就活生よりも相対的に少ないですから、そこでどうしても劣ってくる面があると思うのです。それはどの企業を選ぶか?という点にかなり集約されるかな?と思います。就職活動で内定が貰える、もらえないを分ける鍵の多くはここだと思います。自分はそう簡単に変えられないけど、受ける先は簡単に変えられるし、それによって合否の確率も全然違ってくると思います。

実際、どの会社に入社するか?というのは後の人生を大きく左右するものですからね。そのための企業選びに使える時間というのが公務員試験と両立している方は少ないですから、そこが後々問題になることもあると思うのです。これは公務員試験でも使えるツールなのですが、「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス」を利用すると事前に、企業とか自治体の働くうえでの評判を調べることができます。

どんな評判が載っているのか?といと、実際に働いたことのある社員から見て良かった部分とか、ダメだった部分とか、具体的な給料のこととか、残業、休日出勤などの入社する前に誰もが知りたい情報を暴露してくれています。こういったことは聞きたくても聞けないですし、聞いても本当のことを教えてくれるか?分かりません。匿名の書き込みだからこそ、書いた人を特定できませんから、真実をそのまま書いても大丈夫なんです。

これは転職者だけじゃなくて新卒の大学生もご利用になれます。また、民間企業だけではなくて、具体的な市役所とか、省庁なんかも口コミが載っている場合もあるので、気になる方は是非登録して利用してみると、民間企業の就職活動でも、公務員試験でも良い企業選び、志望先が見つかるのではないでしょうか?具体的な企業の名前、市役所や省庁の名前を検索してみると、結構ヒットしますよ。
関連記事