_ 公務員試験の問題用紙を持って帰ることができないのはおかしいのではないか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の問題用紙を持って帰ることができないのはおかしいのではないか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験では問題用紙を持って帰ることができる試験種、できない試験種があります。前者の例は特別区、国家公務員の試験全般である。後者の例は神奈川早期チャレンジ、地方上級、市役所試験、国大法人などです。私は実際に受験していた際に感じていたのは問題を持って帰らせないようにするのだろう?ということです。問題を持って帰られると何か困るのでしょうか?

一部で噂されているのは後で問題を過去問題集を作っている出版社に売りつけることができないことです。これが真実なのか?は不明ですけど、公務員試験の問題を持って帰ることができないことが多くの問題を生み出すのです。

まず、受験生が正確な点数が出せないこと。筆記試験の特典が正確に分かることはないけど、問題を持ち帰ることができれば、予備校が正確な解答を作るので自己採点ができます。しかし、それができない。すると、どうなるか?正確に採点がされてるのか?疑念を持たざるをえないのです。ただ、これは問題を持って帰ることができる試験種でも起こりうることなのですけど。

しかし、それ以上の大きな問題が残る。それは問題の不備を訂正する余地がなくなってしまうことである。私は公務員試験の問題はすべてが択一試験で、かつ1つ1つの選択肢がやや長めであるために解釈が難しかったり、2通り以上の解釈ができる選択肢が度々見られるのです。

要するに、問題作成の時点で問題作成者の国語能力を疑うような結構いい加減な点が見られるのである。こういった問題がすでにあるにもかかわらず、さらに問題なのは「この問題(または選択肢)っておかしくない?」という疑問を持った場合である。こういう指摘はいくつかの試験種で毎年報告されていることで、受験生から文句が多く出ている。

問題を持って帰ることができれば、それを後で自分でゆっくり考えてみて。または予備校の先生に聞いてみて、それなりの対処、解決への導きができるはずです。しかし、問題を持って帰ることができないと、おかしいと思った問題を1文字間違えずに覚えて、後で書き出してなんて作業がいるわけです。

これを試験中に行っている余裕があるでしょうか?また、肝心の問題自体は回収されてもう2度と実物を見ることはできないでしょう。そうなると、仮に後で抗議をしても「見間違いじゃないのですか?」とはぐらかされるだけです。証拠は向こうが持って行ってしまっているのだから。おまけに試験中は問題に関して一切質問ができない。そりゃ、試験監督をしている人は問題作成者じゃないから、しても答えようがないのですが。

ミスを見つけさせない、ミスがあっても訂正させない。そういう問題を含んでいるのが今回の問題となります。問題を持って帰ることができる試験種が実際にあるのだから、持って帰ることが不可能なわけではないはずなのです。その理由は推測しかできません。

ただ、「代わりに順位、結果がちゃんと公表されるのだから問題ない」と言う人もいます。しかし、もし問題に不備があって、それが是正されなければおかしいレベルのものであった場合、それで順位も結果もひっくり返ることは十分ありえると思います。順位、結果を知らせるのは全然説明責任を果たしているわけでもなく、単なる言い訳に過ぎないと私は思います。

著作権の問題で回収せざるをえないという意見もありますが、なら自治体が自作しても良いような気もします。実際に自作しているところもあるのでできないことではないはずですし。しかし、それでコストが余計にかかるという問題はあります。でも、そのコストは余計にかかるものではなく、本来かけるべきものをかけていないだけではないか?と思うのです。

「公平で公正な仕事」をすべきと思うのが私の公務員像です。なら、採用試験の段階からもっとそれを貫いても良いのではないか?と思います。いろいろと事情はあるのでしょうけど、現状の試験問題を持って帰らせない試験制度は私の看過しえない程度に逸脱した公正性になっているような気はします。
関連記事