_ 男性の公務員の勤務中の服装の規定はどんな感じ? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

男性の公務員の勤務中の服装の規定はどんな感じ?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験に向けて、頑張って勉強をされていると思いますけど、合格して実際に公務員として働くことが決まった場合には、いろいろなことが気になってくると思います。その代表的なのは服装かもしれません。公務員は勤務時にどういう服装で働くのか?というのは結構気になっている方もいるかと思います。

最近は民間企業だと、私服で普通に勤務している企業が多いですけど、公務員はさすがにそこまでラフな格好は認められないでしょうね。皆さんも公務員試験の筆記試験、面接試験などを通じて、実際に働いている公務員の姿を見ていると思うので、だいたい想像はつくと思いますけど、男性の場合はスーツで働くと考えてもらって良いと思います。

事務職の公務員であれば、だいたいスーツになると思いますね。細かい服装の規定は実際に働く場所によって変わってくると思いますけど、基本的な部分はそんなに変わらないと思います。男性は夏になると、ちょっとラフになっている人もいます。シャツだけを着て、ネクタイは締めないでという方も多いです。面接で夏ごろに行くと、結構ラフな格好をしていることに気付くのではないでしょうか?

最近は、面接でも受験生にクールビズを指定しているところもあります。これは面接官が自分たちがクールビズのようなちょっとラフな格好をしているのに、受験生がスーツをビシっと決めていると、どうもいづらい感じみたいなのです。公務員の勤務中の服装も時代と共に変わってくるので、そういった影響は受験生の服装にも少しずつ表れてきていると思います。

そんな感じで、基本的にホワイトカラーのサラリーマンと同様にスーツでの勤務が中心になると思います。夏になると、気温も考慮して多少ラフな格好は許されると思いますけど、それでも、フォーマルな部分を残し感じで、カジュアル感を出した服装は認められないと思います。だいたい、皆さんが予想された服装で合っていると思いますよ。

公務員も住民の目に触れるので、一応服装など、外見もそれらしい格好をしないといけないということでしょうね。ただ、別の記事でも書きますけど、女性の公務員はどちらかというと、カジュアルな格好をしている人が多いと思います。これって、ほとんど私服だよね?と思える格好をしている人が多くいますね。どうして男女でここまで服装に差が出るのか?分かりませんけど、男性はこんな感じだと思っておきましょう。
関連記事