_ 年齢制限ほぼなしの国家公務員の再チャレンジ制度 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

年齢制限ほぼなしの国家公務員の再チャレンジ制度

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は多くの場合、30歳前後くらいまでしか受けられません。この年齢制限は以前からいろいろと言われることも多かったです。ただ、今は30代以上でも普通に受けられる公務員試験が増えてきています。その多くは「再チャレンジ」と言われており、基本的に年齢制限を突破したに等しい試験になると思います。主に国家公務員の試験種で行われています。

一応30歳以上という条件がつく場合が多いと思いますけど、今まで道を閉ざされてきた人たちにチャンスが与えられたというのは大きいでしょうね。これは30歳以上であれば、誰でも受験可能になっています。基本的に30歳以上と言われているけど、転職の人のための試験種なんじゃない?と思われている方もいるかもしれませんけど、そうじゃないのです。

これは働いた経験とか、職種とかは基本的に関係ありません。公務員として働いてきた人、民間企業で働いてきた人、フリーターの人、ニートの人など、今までの人生を問わず、幅広く受けられる試験種になります。幅広く受けられるというだけで、面接等で平等に見てくれるか?どうかまでは保障されていないと思いますけど。

それでもアピール次第ではなんとかなる可能性もあると思います。基本的な採用の試験の流れは通常の公務員試験と大差ないと思うのですが、筆記試験のレベルはそこまで高くないとされています。通常、国家公務員の試験種の場合は、筆記試験の問題って、凄い難しいイメージがあると思います。というか、実際難しいと思うんですけど。

問題の難しさについては、感じ方もそれぞれ違うので何とも言えませんけど、普通の大卒程度の国家公務員の試験よりは簡単に作られていると思われます。したがって、より多くの人にチャレンジしてもらえるような試験ということがいえると思います。公務員への転職というのは、今までは年齢制限により叶わない人もいたと思いますけど、この再チャレンジによって道が開かれた人も多いと思うのです。

気になる方はどういう試験種があるのか?是非調べてほしいと思います。ただ、募集人数はそんなに多くないようですから、可能性としてはあまり期待しない方が良いというか、そう簡単に受かるものではないと思われます。ただ、毎年受けられるので、是非多くの方にチャレンジしてほしいと思います。何歳でも公務員になれる時代です。
関連記事